MotorFan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. モータースポーツ
  3. モータースポーツ

クラス優勝は通算6度目 スバルWRX STIがニュルブルクリンク24時間レースで2年連続クラス優勝! 

このエントリーをはてなブックマークに追加

スバルのモータースポーツ統括会社であるSTI(スバルテクニカインターナショナル)は、6月22〜23日に開催された第47回ニュルブルクリンク24時間レースに市販のWRX STIをベースとしたレーシングマシン「WRX STI NBRチャレンジ2019」で参戦し、排気量2.0L以下のターボ車クラス「SP3Tクラス」で見事優勝を遂げた。

総合でも19位を獲得

 「WRX STI NBRチャレンジ2109」(ドライバー:カルロ・ヴァン・ダム/ティム・シュリック/山内英輝/井口卓人)は、SP3Tクラスのポールポジションからスタート。きわめて過酷なコースを走行するなか、序盤からノートラブルでリードを築き、スバルディーラーメカニック8名人を含む整備チームの迅速かつ的確な対応によって完璧なレースを展開。

 明け方にベストラップタイムを更新(9分3秒998)するなどドライバー陣も奮闘した。その結果、SUBARU/STI チームは、2008 年の初出場以来、最多周回数の145周(約3763km)を走破し、総合順位19 位、2011 年の初優勝以来6度目、昨年に引き続き2 年連続となるSP3Tクラス優勝を果たした。

 「究極の一般公道」や「緑の地獄(グリーンヘル)」とも言われるニュルブルクリンク・サーキット(1周25.95km)における24時間レースでのクラス優勝により、スバル車は水平対向エンジン、シンメトリカルAWDをはじめ、その信頼性や耐久性、高次元のパフォーマンスを改めて実証した。

 なお、スバルのオフィシャルウェブサイトの特設ページでは、今回のニュルブルクリンク24時間レースに関する詳細を紹介している。

スバルオフィシャルサイトNBRチャレンジ2019 特設ページ

ホンダエンジンの技術力は凄い|内燃機関超基礎講座特集

ホンダエンジンの技術力は凄い|内燃機関超基礎講座特集 一覧へ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ 一覧へ

オービスの疑問をスッキリ!!交通取締情報特集

オービスの疑問をスッキリ!!交通取締情報特集 一覧へ