MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2019/07/18
  • MotorFan編集部

トヨタがコースターを一部改良

後部スペースを活用できる13人乗り超ロングボディを新設定

このエントリーをはてなブックマークに追加
トヨタは、マイクロバスのコースターの一部改良を実施。全国のトヨタ店(大阪地区は、大阪トヨペット)、トヨタモビリティ東京を通じて8月1日から発売を開始する。

 今回の一部改良で、4.0ℓ直列4気筒ディーゼルエンジンには「尿素SCRシステム」を採用。エンジン本体の改良とあわせて全車が「平成28年(ポスト・ポスト新長期)排出ガス規制」に適合した。さらに一部のグレードは「平成27年度燃費基準+5%達成」を実現し、エコカー減税の対象となっている。

EX(ロングボディ・29人乗り・6速AT車)。
GX(超ロングボディ・13人乗り・6速AT車)。

 またボディバリエーションとして、多彩な用途に活用できる広くフラットな後部スペースを確保した13人乗り超ロングボディを「GX」、「LX」に新設定した。

GX(超ロングボディ・13人乗り・6速AT車)リヤスペース。

 他にも、センタードア(グライドドア・オート)に挟み込み防止機能とイージークローザーを採用するなど、利便性を高めている。車両価格は658万5840円〜951万8040円。

自動車業界の最新情報をお届けします!

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
シーケンシャルターボ
複数の排気ターボを装着したエンジンシステムにおいて、運転状態に応じて段階的に...
FISA
FIAのモータースポーツ部門。一時期は国際自動車スポーツ連盟(FISA)と呼ばれていた...
インターセプトポイント
ターボエンジンで、アクチュエーターやウエイストゲートバルブが開きはじめる回転...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る