MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2019/08/07
  • MotorFan編集部

日産NV100クリッパーリオの福祉車両「チェアキャブ」が一部仕様向上を実施。先進安全機能を標準装備

このエントリーをはてなブックマークに追加
日産自動車は8月6日、関連会社のオートテックジャパンが手がけるライフケアビークル「NV100クリッパー リオ チェアキャブ」の一部仕様向上を実施し、同日より発売した。

「LDW(車線逸脱警報)」や「インテリジェント DA(ふらつき警報)」といった先進機能を採用

 NV100クリッパー リオ チェアキャブは、車両後部から車いすのまま車内に乗り込めるように、操作が簡単な手動式のスロープと、車いすの乗り降りを手助けする電動ウインチを装備した福祉車両。

 使い勝手の良い分割可倒式のリヤシートや広い室内空間により、介護タクシーや福祉施設まで幅広いユーザーから好評を得ている。また、「インテリジェント エマージェンシーブレーキ(衝突被害軽減ブレーキ)」や「踏み間違い衝突防止アシスト」などの安全機能を装備しているのも魅力となっている。

 今回の一部仕様向上では、「LDW(車線逸脱警報)」や「インテリジェント DA(ふらつき警報)」、「先行車発進お知らせ」、「ハイビームアシスト」、「オートライトシステム」が全車に標準装備。安全性をさらに向上させ、商品力を高めている。

●日産「NV100クリッパー リオ チェアキャブ」車両価格
・2WD車:201万2000円
・4WD車:213万2000円

自動車業界の最新情報をお届けします!

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
ボアハム
ロンドンの東にある第2次世界大戦用の滑走路施設を活用してフォードが建設したモー...
アーク溶接
相対する両極に電源をつなぐとアークが発生するが、このアークの熱エネルギーを利...
ラダーフレーム
フレーム型式のなかでトラック、バス用としてもっとも代表的なもので、左右2本のサ...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る