MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2019/08/08
  • MotorFan編集部

マセラティが特別仕立ての「クアトロポルテ」と「レヴァンテ」を発表! 8月14日から米カリフォルニアで開催する「モントレーカーウィーク」で披露

このエントリーをはてなブックマークに追加
8月7日、マセラティは8月14〜18日に米カリフォルニアで開催されるカーイベント群「モントレーカーウィーク」において、2020年モデルのクアトロポルテとレヴァンテをベースとした特別限定モデルを披露すると発表した。

イタリアのファッションブランド「エルメネジルド・ゼニア」とコラボレーション

 この限定車は、イタリアのファッションブランド「エルメネジルド・ゼニア」とのコラボレーションによって製作されたもの。ゼニア社独自の、織り糸の代わりにナッパレザーの極細紐を使用した特殊な織物「PELLETESSUTA」が、内装のトリムやシートに用いられているのが特徴だ。

 クアトロポルテは「S Q4グランルッソ」がベース。カスタムブルーソフィスティケートメタリックのボディに、ダークブラウンの「PELLETESSUTA」を組み合わせる。そのほか、スポーツシートやブルーペイントのブレーキキャリパーが採用され、独特の雰囲気を醸し出している。

 レヴァンテは「Sグランスポーツ」がベース。エクスクルーシブ・ブロンゾ・トリコートというブロンズ系ボディカラーと、ブラックの「PELLETESSUTA」の組み合わせだ。デコレーションパネルにラディカ・ウッドトリムが採用されるほか、ポリッシュヘリオスの21インチホイールや、ブラックブレーキキャリバーが装着される。

 この2台の特別なマセラティは、北米市場で50台ずつ、合計100台限定で販売される予定で、今のところ日本発売に関する情報は明らかにされていない。

この限定車の内装には「エルメネジルド・ゼニア」独自の皮織物「PELLETESSUTA」を採用
織り糸の代わりにナッパレザーの極細紐を使用し、柔らかさと丈夫さ、高いデザイン性を融合している

自動車業界の最新情報をお届けします!

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
アンダーフロアエンジン
エンジンを床下に搭載する方式のこと。客室の床面積を広げる利点があるため、大型...
ラダーフレーム
フレーム型式のなかでトラック、バス用としてもっとも代表的なもので、左右2本のサ...
カウル
ウインドシールド下部、エンジンフード後端部の車体前方パネル。カウルトップある...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る