MotorFan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. カタログ
  3. マツダ|MAZDA
  4. MAZDA3ファストバック

マツダ Mazda3のスカイアクティブXエンジン搭載モデルが高価格な理由を考えてみる。発売は12月に延期

このエントリーをはてなブックマークに追加
Mazda 3 SKYACTIV-X搭載モデル

マツダは、新型マツダ3のSKYACTIV-Xエンジン搭載グレードの発売時期を当初の10月から12月中旬に延期した。延期の理由は従来のレギュラーエンジン仕様からハイオク仕様に変更するため、と報道されている。そもそも、非常に高価格に設定されたSKYACTIV-Xエンジン搭載グレード、その理由を考えてみた。

 マツダは、新型マツダ3のSKYACTIV-Xエンジン搭載グレードの発売時期を当初の10月から12月中旬に延期した。延期の理由は従来のレギュラーエンジン仕様からハイオク仕様に変更するため、と報道されている。ハイオク仕様に変更することで、セッティングや型式認証などの作業で発売延期が必要になったという。

 ご存知の通り、欧州仕様のハイオクはオクタン価RON95だ。一方の日本仕様は当初はレギュラー仕様として開発が進められてきた。日本のレギュラーはRON89以上である。

日本工業規格(JIS)では、
無鉛レギュラーガソリン:RON89.0以上
無鉛プレミアム:RON96.0以上
 と規定されている。

 国内のガソリンスタンドでは
無鉛レギュラーガソリン:RON90
無鉛プレミアム:RON98~100

 のものが販売されている。

 マツダによれば、国際試乗会での高評価を踏まえ、欧州仕様と同じスペックで日本のお客様にもお届けした方がいい、という判断をしたという。

 ちなみに、北米のハイオク仕様は、AKI93無鉛プレミアムに対応する場合が多い。北米仕様のCX-5の2.5ℓターボ(SKYACTIV-G2.5T)はAKI93に対応する。このAKI93は、RONに換算するとRON98となる。
 国内仕様のSKYACTIV-Xのハイオク仕様はJIS規格のRON96以上に対応するはずだが、欧州仕様のRON95より高オクタン価の燃料が使えるわけだ。

SKYACTIV-Xエンジン

欧州仕様のスペックは
圧縮比:16.3
最高出力:180ps(132kW)/6000rpm
最大トルク:224Nm/3000rpm
使用燃料:RON95

 となっているから、国内仕様もほぼ同じスペックとなるだろう。北米のレギュラーガソリンとも言えるAKI87は、RON91にあたるから、おそらく北米でもSKYACTIV-Xは、ハイオク(AKI93=RON98)仕様となるのだろう。

おすすめのバックナンバー

スズキ・ハスラー vs ダイハツ・タフト

スズキ・ハスラー vs ダイハツ・タフト 一覧へ

4代目トヨタ・ハリアー特集

4代目トヨタ・ハリアー特集 一覧へ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ 一覧へ

MotorFanオリジナル自動車カタログ

自動車カタログTOPへ

MotorFan厳選中古車物件情報

中古車TOPへ