MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2019/08/14
  • MotorFan編集部

「BMW225xeアクティブツアラー」に搭載するハイブリッドシステムが進化! EV航続距離は最大57kmに

このエントリーをはてなブックマークに追加
BMWはこのほど、BMW2シリーズ・アクティブツアラーに設定しているプラグインハイブリッドモデル「225xeアクティブツアラー」に搭載するハイブリッドシステムを進化させたことを本国で発表した。

バッテリーが7.7kWhから10.0kWhに拡大

 220xeアクティブツアラーに搭載するハイブリッドパワートレインは、136psと220Nを発する1.5L直列3気筒ターボエンジンと88psと165Nmを発するモーターの組み合わせ。システム出力/トルクは224ps)と385Nmを発揮する。トランスミッションは6速AT(ステップトロニック)だ。

 新型ではリチウムイオンバッテリーの総エネルギー量が従来の7.7kWhから10.0kWhに拡大。これにより、EV航続距離が最大57kmに伸長。ハイブリッド燃費は従来の47.6km/Lから52.6km/Lに向上した。二酸化炭素排出量も15%以上削減されている。

 バッテリーの充電は家庭用コンセントを使用すると約5時間で満充電が完了。BMW iウォールボックスを使えば3時間15分未満に短縮できる。また、搭載されるバッテリーの物理的なサイズは変わっていない。バッテリーは後席下に収められているので、荷室の容量は純エンジン車よりはわずかに少ない400Lを確保。後席シートバックは40対20対40の分割可倒機構が備わっているので、そのアレンジで荷室スペースは最大1350Lに広げられる。

 この新型220xeアクティブツアラーには、「アドバンテージ」、「スポーツライン」、「ラグジュアリーライン」、そして「Mスポーツ」の4つのスタイルを設定。いずれも17インチアロイホイールやナビゲーションシステム、2ゾーン式フルオートエアコンといったアイテムが装備される。さらに2019年11月からはMスポーツ仕様に音響歩行車保護機能が標準装備される。この機能は、車速30km/h以下のEV走行時に、周囲の歩行者に効果音で車両の存在を知らせるものだ。

自動車業界の最新情報をお届けします!

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
インタークーラー付きターボエンジン
排気ターボで圧縮し昇温した空気をインタークーラーで冷却し、エンジンの吸気マニ...
回頭性
クルマが車体の向きを変える速さや、そのコントロール性をいう。物理量としては、...
ホイールアライメント
車体に対して車輪の取付け方(角度)をいう。ステアリングの操作性や走行性を高める...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る