MotorFan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. ニューモデル
  3. ニューモデル

どちらがカッコいい?スバル新型レヴォーグは、元ネタ、VIZIV TOURER CONCEPTとどう変わったか?【東京モーターショー2019】[1/2]

  • 2019/10/23
  • MotorFan編集部
このエントリーをはてなブックマークに追加
上がVIZIV TOURER CONCEPT(2018)下が新型レヴォーグ

東京モーターショーで発表されたSUBARU新型レヴォーグは、デザインコンセプト、VIZIV TOURER CONCEPTがいわゆる「元ネタ」だ。果たしてVIZIV TOURER CONCEPTと新型レヴォーグ、どれほど共通性があるか、比べて見てみよう。

 VIZIV TOURER CONCEPTは、2018年のジュネーブ・モーターショーでワールドプレミアされたデザインコンセプトだ。これが、新型レヴォーグに発展したのは明らかだが、そこはコンセプトカーと市販車。もちろん、市販モデルはサイズもディテールもよりコンベンショナルな方向にならざるをえない。

 では、比べてみよう。

まずは、フロントビューから

VIZIV TOURER CONCEPT

VIZIV TOURER CONCEPT

新型レヴォーグ

新型レヴォーグ

 フロントのヘキサゴングリル、そこに、六連星のエンブレム、ルーツを航空機メーカーに持つことを示すために左右に伸びた翼を模したライン(スプレッドウィング)は、VIZIV TOURER CONCEPTから受け継いでいる。フロントバンパーの形状も、ヘッドライトの形状もコンセプトモデルのエッセンスをうまく市販モデルに生かしている。

 VIZIV TOURER CONCEPTで特徴的だったフロントとリヤのホイールアーチの形状も新型レヴォーグには生かされている。カーボン製のオーバーフェンダーは市販車には採用されていないが、今後のスポーツモデルや限定モデルで、採用される可能性もあるだろう。

リヤビューはどうだ?

VIZIV TOURER CONCEPT

新型レヴォーグ

 これもうまくVIZIV TOURER CONCEPTのテイストを生かしている。VIZIV TOURER CONCEPTの方がリヤコンビランプの形状がシンプル。そのかわり、リヤドア自体の開口部の形状が独特だった。市販の新型レヴォーグではリヤコンビランプは、リヤドアにパネルとリヤクオーターパネル分割されている。

サイドビューでサイズを比較してみる

VIZIV TOURER CONCEPT

全長×全幅×全高:4775mm×1930mm×1435mm ホイールベース:2730mm

新型レヴォーグ

新型レヴォーグのボディサイズは、未発表だが、本サイトの予想では、全長×全幅×全高:2710mm×1800mm×1480mm ホイールベース:2670mm

 サイドビューを見比べてみよう。では、フロントアクスルで位置を合わせてみる。

コンセプトモデルらしくVIZIV TOURER CONCEPTは「長く、幅広く(サイドヴューではわからないが)、低い」。またホイール径も大きい
上がVIZIV TOURER CONCEPT(2018)下が新型レヴォーグ

 VIZIV TOURER CONCEPTのボディサイズは、
4775mm×1930mm×1435mm
ホイールベース:2730mm

 だ。

 重ね合わせた画像から読み取れるのは、VIZIV TOURER CONCEPTの方が新型レヴォーグよりフロントのオーバーハングが短いこと。水平対向エンジンを搭載するために、どうしてもフロントオーバーハングが長くなりがちなのは、スバル・デザインの宿命。コンセプトではイメージ通りの短さにできるが、市販化となるとやはり水平対向エンジン搭載のためのスペースが必要になるということか。

 ちなみに、SGPモデルで2番目に大きい(一番大きいのは「アセント」)新型アウトバックは
全長×全幅×全高:4860mm×1855mm×1680mm
ホイールベース:2745mm
 である。

ステージごとにみっちり計測! これが本当の実燃費

ステージごとにみっちり計測! これが本当の実燃費 一覧へ

3分でわかる! クルマとバイクのテクノロジー超簡単解説

3分でわかる! クルマとバイクのテクノロジー超簡単解説 一覧へ

酷道を奔り、険道を往く

酷道を奔り、険道を往く 一覧へ

オービス対策‼ 交通取締情報局

オービス対策‼ 交通取締情報局 一覧へ