MotorFan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. ニューモデル
  3. ニューモデル

トヨタ「RAV4」のPHV仕様がLAショー2019で初披露! 日本導入は2020年の夏

  • 2019/11/20
  • MotorFan編集部
このエントリーをはてなブックマークに追加

11月20日、トヨタは11月22日から一般公開がスタートするロサンゼルス・オートショー2019において、RAV4のプラグインハイブリッド(PHV)仕様となる「RAV4プライム(米国名)」を初披露すると発表した。

302psのシステム出力、約62kmの航続距離を実現

 RAV4プライムはRAV4の基本性能をベースに、さらなる「Fun to Drive」を追求して開発されたRAV4の新しいバリエーション。パワートレーンには新開発のプラグインハイブリッドシステムを採用し、米国でクラストップレベルの加速性能をはじめとするパワフルな走行を可能としている。また、電動車ならではの運転の楽しさに加えて、EV航続距離をはじめとする優れた環境性能も両立させているのが特徴だ。

 2.5Lエンジンを組み合わせるプラグインハイブリッドシステムは、新開発された大容量のリチウムイオンバッテリーやモーターを採用。既存のRAV4ハイブリッド車を83ps上回る302psのシステム出力を発揮。5.8秒の0-60マイル(約97km/h)加速を実現する加速性能が与えられた(既存のハイブリッド仕様は7.8秒)。

 大容量化されたバッテリーはアンダーフロアに搭載したことで、RAV4と同様の室内空間を確保するとともに、低重心化によって走行安定性の向上に寄与。駆動方式はRAV4ハイブリッドと同様に「E-Four(電気式4WDシステム)」を採用し、RAV4の高い走破性を継承している。

 新開発のプラグインハイブリッドシステムの搭載により、EV航続距離は約62kmを、燃費性能はガソリン1Lあたり31.9Km/Lに相当する90MPGe(※)を達成。また、プリウスPHVと同様の「ヒートポンプオートエアコン」をRAV4プライム向けに最適化して高効率な電力消費を実現するなど、PHVに期待される高い環境性能も兼ね備えている。

※電力で走行したエネルギー消費量をガソリン等価換算し、1ガロンあたり何マイル走行できるかを表した値

 エクステリアでは、プレミアムなワイド感や低重心感を演出するために、専用ミッドグリルとロアバンパーを採用。メッシュグリルでスポーティさを際立たせ、ピアノブラックのアクセントで高級感を高めている。

 また、19インチ専用アルミホイールと大径タイヤを装着し、SUVらしい力強さと安定感が表現されている。ボディカラーには、鮮やかで質感の高いスーパーソニックレッドを新たに設定。ボディ下部をブラックに塗装し、ブラックルーフと合わせて、引き締まった印象を与えている。

 インテリアでは、視認性を高めるヘッドアップディスプレイや、大型9インチディスプレイオーディオをRAV4として初めて採用。スポーティな走行を支援するパドルシフトも設定されている。

 RAV4のPHVは、米国および日本では2020年の夏、欧州では2020年後半の発売が予定されている。

ステージごとにみっちり計測! これが本当の実燃費

ステージごとにみっちり計測! これが本当の実燃費 一覧へ

3分でわかる! クルマとバイクのテクノロジー超簡単解説

3分でわかる! クルマとバイクのテクノロジー超簡単解説 一覧へ

酷道を奔り、険道を往く

酷道を奔り、険道を往く 一覧へ

ルノー・メガーヌGT長期レポート

ルノー・メガーヌGT長期レポート 一覧へ

オービス対策‼ 交通取締情報局

オービス対策‼ 交通取締情報局 一覧へ