MotorFan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. ニュース・トピック
  3. CAR MONO図鑑

カーナビを買い換えず、今のナビの地図データを最新版に更新してみた〈前編〉 パナソニック ストラーダ CN-F1XVD 【CAR MONO図鑑】

  • 2019/12/07
  • 浜先秀彰
このエントリーをはてなブックマークに追加

愛用のカーナビを購入してからまだ1年。と思っていても、新たに道路が開通したり、新しい施設や店舗ができれば、地図はたちまち古くなり使い勝手も悪くなる。そこで今回は実際に地図データの更新作業を行ってみた。

REPORT●浜先秀彰(HAMASAKI Hideaki)

問い合わせ:パナソニック
電話:0120-50-8729

■パナソニック公式サイト

モデルによっては無償で新しい地図データが手に入る

 カーナビの地図が古いばかりに遠回りをしてしまったり、目的の施設に到着できなかった。という経験をしたことはないだろうか? 当然なのだが新しい道路や施設ができればカーナビに収録された地図データはどんどん古くなってしまう。

 カーナビメーカーでは最新版の地図データを用意しており、ほとんどのモデルでデータ更新が可能。ただし機種によって無償(期間限定)の場合と有償の場合がある。

 本誌スタッフが所有しているパナソニックの「ストラーダ CN-F1XVD」は2018年秋に発売されたモデルですでに1年以上が経過。これまで一度も地図データ更新をしていないため、新しい道路が掲載されていなかったり、新しい施設が検索できないといった不具合が感じられるようになってきた。

上級モデルでは期間限定ではあるものの無償で地図更新ができる権利を付帯していることが多い。これはパナソニック2018年モデル。

 じつはこのモデル、2021年12月10日まで無償で地図更新データを取得できる権利が付帯。「部分地図更新データ」は年に6回(偶数月)、「全地図更新データ」は年に1回(毎年夏頃)リリースされ、部分地図更新は期間内に何度でも、全地図更新は期間内に1回だけ利用することができる。ただし無償なのは自分自身でデータ更新を行う場合で、あらかじめ最新版地図データが収録されたSDメモリーカードを購入して利用するには1万7000円(税抜)の費用がかかる。

パナソニックの場合、部分地図更新でも十分な内容だ。

 そう、期間内に2か月に1回、部分地図更新を行っていればつねに新しい地図でドライブができるわけだ。「部分」といっても50~250kmスケールの道路地図、案内画像、音声案内、地点検索データ(4、8、12月のみ)は新しくなるため日常の利用には十分といえる。

 次回からはストラーダCN-F1XVDの地図データ更新レポートをお伝えしよう。

カーナビの地図を自分でバージョンアップしてみた。 |パナソニック ストラーダ CN-F1XVD 【CAR MONO図鑑】

愛用のカーナビを購入してからまだ1年。と思っていても、新たに道路が開通したり、新しい施設や店舗ができれば、地図はたち...

あわせて読みたい

スズキ・ハスラー vs ダイハツ・タフト

スズキ・ハスラー vs ダイハツ・タフト 一覧へ

3分でわかる! クルマとバイクのテクノロジー超簡単解説

3分でわかる! クルマとバイクのテクノロジー超簡単解説 一覧へ

ステージごとにみっちり計測! これが本当の実燃費

ステージごとにみっちり計測! これが本当の実燃費 一覧へ