Motor-Fan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. カタログ
  3. MINI|MINI
  4. MINI

〈MINI クロスオーバー〉MINIならではの存在感と上級志向の走り【ひと目でわかる最新SUVの魅力】

このエントリーをはてなブックマークに追加
撮影車両:COOPER S E ALL4

月間登録台数:NO DATA
現行型発表:17年2月(一部改良:19年9月)
JC08モード燃費:21.3km/ℓ ※「COOPER D ALL4」

REPORT●塚田 勝弘(TSUKADA Katsuhiro)
PHOTO●平野 陽(HIRANO Akio)/神村 聖(KAMIMURA Satoshi)
MODEL●竹田 愛(TAKEDA Megumi)

※当記事は2019年11月発売の「2020年 国産&輸入SUV」に掲載されたものを転載したものです。

ひと目でMINIシリーズと分かるエッセンスを散りばめながらもCセグメントに大型化することで、居住性や積載性を向上。SUVらしさを感じさせるルーフレールをはじめ、リヤフォグランプを全車に標準装備する。LEDテールランプは、タイプ別設定になる。

主要諸元 COOPER S E ALL4
全長×全幅×全高(㎜):4315×1820×1595
室内長×室内幅×室内高(㎜):―
ホイールベース(㎜):2670
トレッド(㎜) 前/後:―/―
最低地上高(㎜):―
車両重量(㎏):1770
エンジン種類:直列3気筒DOHCターボ+モーター
総排気量(㏄):1498
エンジン最高出力(kW[㎰]/rpm):100[136]/4400
エンジン最大トルク(Nm[㎏m]/rpm):220[22.4]/1300-4300
モーター最高出力(kW[㎰]/rpm):65[88]/4000
モーター最大トルク(Nm[㎏m]/rpm):165[16.8]/3000
燃料タンク容量(ℓ):36(プレミアム)
トランスミッション形式:6速AT
駆動方式:4WD
タイヤ・サイズ:225/50R18
最小回転半径(m):5.4
JC08モード燃費(㎞/ℓ):17. 3
車両本体価格:508万円

先進安全装備

衝突被害軽減ブレーキは、作動前に前車接近警告機能が働き、さらにブレーキ圧の調整で制動しやすくなる。2019年9月の一部改良で、後退時用のリヤパークディスタンスコントロールが一部を除き標準化された。

撮影車両データ

ボディカラー:メルティング・シルバー・メタリック 
オプション装備:レザーシートパッケージ(36万6000円)/PEPPERパッケージ(8万6000円)/18インチアロイピンスポーク・ブラック(1万5000円)/Harman/kardon製HiFiラウドスピーカーシステム(12万6000円)/特別塗装色(7万8000円)/他

ボディカラー

大型センターディスプレイとメーターは、定石どおり丸型で、エアコン用ダイヤルの下にトグルスイッチを並べる点もMINIらしさを感じさせる。エンジンの始動/停止はトグルスイッチ中央の赤い(PHEVは黄色)スイッチを使う。

居住性

後席:シート高670㎜
前席:助手席シート高600㎜

高めの全高を活かして座面の高さを高めに設定し、アップライトに座らせる「セミコマンドポジション」を採用。ヘッドクリアランスの余裕はあまりないものの、大人4名が無理なく着座できる。PHEVはバッテリーの搭載により後席座面が少し持ち上がっている。

ラゲッジルーム

通常時:奥行き750㎜
後席格納時:奥行き1620㎜ 高さ720㎜ 幅1010㎜

比較的スクエアな開口部と、フラットな荷室が広がる。写真のPHEVは、荷室奥の後席下側に駆動用バッテリーを積むためサブトランクがなくなるほかは、実用的なスペースを確保する。後席は4対2対4の分割可倒式で、中央だけを倒せば4名が座りながら細長い荷物も積載できる。開口部が低いため、荷物の積み降ろしが楽にできるのも美点だ。

うれしい装備

PHEVはモーターのみで最長42.4㎞の走行が可能。200Vの普通充電に対応し、急速充電には未対応だが約3時間で満充電になる。
テールゲートを開けて、オプションのピクニックベンチを敷けばオートキャンプなどで活躍。荷物の積載時のキズも防いでくれそう。
「eDrive」スイッチでEV走行とエンジンを高効率で作動させる「オート」、 EV走行を最優先させる「MAX」などの切り替えができる。

バイヤーズガイド

SUV的要素があるクロスオーバーだからディーゼルと4WDの組み合わせに惹かれるが「D ALL4」で448万円、「SD ALL4」になると519万円とかなり高価。それだったら352 万円とお買い得な「ONE」にしておくのも手だろう。

アダプティブクルーズコントロールは、「COOPER」以上に標準で、衝突被害軽減ブレーキを含むドライビングアシストは全車に標準で用意。8.8インチモニターとカーナビも全車に標準装備する。

モーターファン別冊 統括シリーズ Vol.121 2020年 国産&輸入SUVのすべて

最新車種の詳細部分まで解説

最新のコンパクトカー46車種をあらゆる角度で徹底解説。車両の購入サポートや最新車種の動向チェックなどの情報源として最適な一冊。

ダイハツ ロッキー颯爽と登場!

世界的に人気の高まるコンパクトSUV市場に登場した注目のロッキー。ダイハツが得意とする室内が広く走りに優れた新型プラットフォーム採用の万能な一台を詳細レポート。

最新コンパクトクロスオーバー海外試乗レポート

アウディのCセグメントクロスオーバーQ3に新たに加わった「Q3スポーツバック」とVWポロをベースにしたコンパクトクロスオーバー「Tクロス」の海外試乗レポートを掲載。

東京モーターショー 最新SUVレポート

東京モーターショーに登場した最新SUVを徹底取材。各社が考えるこれからのSUVとは? EV化の流れが本格化しつある次世代のSUVを詳細レポート。

おすすめのバックナンバー

ホンダエンジンの技術力は凄い|内燃機関超基礎講座特集

ホンダエンジンの技術力は凄い|内燃機関超基礎講座特集 一覧へ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ 一覧へ

オービスの疑問をスッキリ!!交通取締情報特集

オービスの疑問をスッキリ!!交通取締情報特集 一覧へ

Motor-Fanオリジナル自動車カタログ

自動車カタログTOPへ

Motor-Fan厳選中古車物件情報

中古車TOPへ