MotorFan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. カタログ
  3. クライスラー・ジープ|CHRYSLER JEEP
  4. ジープ・チェロキー

〈ジープ・チェロキー〉都会派ジープの象徴的存在【ひと目でわかる最新SUVの魅力】

  • 2020/01/31
  • ニューモデル速報
このエントリーをはてなブックマークに追加
撮影車両:LIMITED

・月間登録台数 NO DATA
・現行型発表 14年5月(グレード追加 19年2月)
・JC08モード燃費 10.4㎞/ℓ ※2.0ℓ車

REPORT●工藤 貴宏(KUDO Takahiro)
PHOTO●平野 陽(HIRANO Akio)
MODEL●住吉 史衣(SUMIYOSHI Fumie)

※当記事は2019年11月発売の「2020年 国産&輸入SUV」に掲載されたものを転載したものです。

2014年にデビューした現行モデルは、それまでの縦置きFRベースからFF乗用車系のメカニズムにスイッチすると同時に「チェロキーは四角い」というイメージから脱却。7スリットのフロントグリルなどでジープを主張しつつ、ソフトな雰囲気になった。

■主要諸元 LIMITED
全長×全幅×全高(㎜) 4665×1860×1725
室内長×室内幅×室内高(㎜) ―
ホイールベース(㎜) 2720
トレッド(㎜) 前/後 1580/1585
最低地上高(㎜) 205
車両重量(㎏) 1840
エンジン種類 直列4気筒DOHCターボ
総排気量(㏄) 1995
最高出力(kW[㎰]/r pm) 200[272]/5250
最大トルク(Nm[㎏m]/rpm) 400[40.8]/3000
燃料タンク容量(ℓ) 60(レギュラー)
トランスミッション形式 9速AT
駆動方式 4WD
タイヤ・サイズ 225/55R18
最小回転半径(m) 5.8
JC08モード燃費(㎞/ℓ) 10.4
車両本体価格 488万円

先進安全装置

自動ブレーキ付きの前面衝突警報は、車両などに急接近するとまずはドライバーに光と音で警告。最終的にブレーキを掛けて減速するが、衝突を回避できるまでの急減速はしない。クルーズコントロールは停止保持機能付き。

撮影車両データ

ボディカラー:グラナイトクリスタルメタリック
オプション装備:プレミアムフロアマット(3万5200円)

ボディカラー

※は5万5000円高。 ☆は「LONGITUDE」と「LIMITED」専用色。 ★は「TRAILHAWK」専用色。

居住性

〈後席〉シート高:750㎜
〈前席〉助手席シート高:735㎜

インパネやフロアに対して高い前席の着座位置がオフローダーの血筋を主張。レザーシートは「LIMITED」に標準装備だ。自慢は、全長4.6m級の欧州ライバル勢に対して足元の広さでリードする後席。最大6度の左右独立リクライニングでゆったりできる。

ナビが組み込まれた8.4インチのタッチパネルディスプレイは全グレードに標準装備。駐車ブレーキは電動式で、「LIMITED」や「TRAILHAWK」にはメーター内に7インチフルカラーのディスプレイが組み込まれるなど先進的な印象だ。

うれしい装備

2列シートのSUVとしては珍しい後席のスライド機能が便利。荷室を拡大するために前方へ出しても大人が座れる足元スペースは残る。
走行モードは5パターンから選択できる。4WDモデルはセンターデフをロックするローレンジまで備えるのはさすがオフロードブランド。
車両後方の様子を映すモニターには、ステアリング操作連動の進路予測線も表示可能。車両後方の死角にある障害物も教えてくれる。

ラゲッジルーム

〈通常時〉奥行き:850㎜
〈後席格納時〉高さ:730㎜ 幅:990㎜ 奥行き:1760㎜

効率良く折り畳まれるリヤシートに注目。格納方法は背もたれを前に倒すだけだが、連動して座面が沈み込む設計になっているから床が低くなるのだ。手軽な格納方法なのに床面がフラットとなるのも素晴らしい。リヤシートは約150㎜のスライドもできるので、後席を折り畳まなくても荷室奥行きを約1mまで拡大できるのも見逃せない。

バイヤーズガイド

LIMITED
TRAILHAWK

ジープの真骨頂である「TRAILHAWK」もあるが、チェロキーにはそこまで求めないので、上級仕様の「LIMITED」を選ぶ。「LONGITUDE」でも大きな不満はないとはいえ、やっぱりあの独特のにおいのするレザーシートは欲しい。

2019年の2月末から新グレードとして追加されたのが「LONGITUDE」と「TRAILHAWK」。後者はより強靭な4WDシステムやサスペンションを組み合わせる。エンジンは「LONGITUDE」だけが2.4ℓ自然吸気で、ほかは2.0ℓターボ。

Jeep(ジープ)の日本市場での購入者平均年齢は39歳! ラングラーは38歳! この若さが2019年輸入車売り上げ4位に貢献|SUV & 本格オフローダー速報

2019年、FCA(フィアット・クライスラー・オートモービルズ)は日本市場における販売台数で輸入車部門の4位に躍進! その立役者...

あわせて読みたい

モーターファン別冊 統括シリーズ Vol.121 2020年 国産&輸入SUVのすべて

最新車種の詳細部分まで解説

最新のコンパクトカー46車種をあらゆる角度で徹底解説。車両の購入サポートや最新車種の動向チェックなどの情報源として最適な一冊。

ダイハツ ロッキー颯爽と登場!

世界的に人気の高まるコンパクトSUV市場に登場した注目のロッキー。ダイハツが得意とする室内が広く走りに優れた新型プラットフォーム採用の万能な一台を詳細レポート。

最新コンパクトクロスオーバー海外試乗レポート

アウディのCセグメントクロスオーバーQ3に新たに加わった「Q3スポーツバック」とVWポロをベースにしたコンパクトクロスオーバー「Tクロス」の海外試乗レポートを掲載。

東京モーターショー 最新SUVレポート

東京モーターショーに登場した最新SUVを徹底取材。各社が考えるこれからのSUVとは? EV化の流れが本格化しつある次世代のSUVを詳細レポート。

関連キーワード

おすすめのバックナンバー

スズキ・ハスラー vs ダイハツ・タフト

スズキ・ハスラー vs ダイハツ・タフト 一覧へ

4代目トヨタ・ハリアー特集

4代目トヨタ・ハリアー特集 一覧へ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ 一覧へ

MotorFanオリジナル自動車カタログ

自動車カタログTOPへ

MotorFan厳選中古車物件情報

中古車TOPへ