MotorFan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. ニューモデル
  3. 新車情報

三菱自動車が新型軽スーパーハイトワゴンの車名を「eKクロス スペース」「eKスペース」に決定! 発売は今春

  • 2020/01/10
  • MotorFan編集部
このエントリーをはてなブックマークに追加

1月10日、三菱自動車は今春発売する予定の軽スーパーハイトワゴンの車名を決定し、クロスオーバーモデルを「eKクロス スペース」、標準モデルを「eKスペース」にすると発表した。

「eKクロス スペース」はSUVらしい力強さを、「eKスペース」は作り込まれた品質感を表現

 この新型車は、従来の「eKスペース」の後継を担うモデルで、2019年3月に発売された「eKクロス」「eKワゴン」に続き、日産自動車との合弁会社であるNMKVが企画・開発した新型軽自動車の第二弾。同日に千葉・幕張メッセで開幕した「東京ポートサロン」にも参考出品されている。

 新型「eKクロス スペース」「eKスペース」は、「スマイルズ&フリースタル」をテーマとしたデザイン、軽スーパーハイトワゴンならではの広々とした快適な居住空間を実現し、同カテゴリーに求められる性能と機能を盛り込み、三菱らしさも追求されている。

「eKクロス スペース」

 「eKクロス スペース」は、三菱自動車の新世代デザインコンセプト「ダイナミックシールド」を「eKクロス」に続いて採用。水平垂直基調のフロントマスクによってSUVらしい力強さと安定感を実現。一方「eKスペース」は、開口部の少ないボディ同色のフロントグリルを採用し、丁寧に作り込まれた品質感が表現された。

eKスペース

 使い勝手の面では、スライドドアの開口部やリヤシートのスライド量、後席足もと空間の広さをクラストップレベルで実現したほか、後席の居住性を最大化。室内の空気を循環させるプラズマクラスター付きリヤサーキュレーターを設定するなど快適性も追求されている。

eKスペース

 パワートレインはハイブリッドシステムを用いた自然吸気エンジンとターボエンジンを設定し、CVTとの組み合わせによって力強く滑らかな加速性能と優れた燃費性能を両立。

 シャシー面では、ステアリングの操舵力とショックアブソーバーの減衰力を最適化することで、低速走行時はキビキビと軽快に、高速走行時はしっかり安定したハンドリング性能を実現。国内では三菱自動車初となる「ヒルディセントコントロール」を搭載した点も新しく、急な下り坂でも安心してステアリング操作に集中できる。

 そのほか、高速道路同一車線運転支援技術「MI-PILOT(マイパイロット)」や、衝突被害軽減ブレーキ、踏み間違い衝突防止アシストなど。「サポカーSワイド」に該当する予防安全技術「e-Assist」を採用。ドライバーの負担を軽減し、乗員すべてに安心・安全を提供するモデルし仕上がっていると、同社は説明している。

スズキ・ハスラー vs ダイハツ・タフト

スズキ・ハスラー vs ダイハツ・タフト 一覧へ

3分でわかる! クルマとバイクのテクノロジー超簡単解説

3分でわかる! クルマとバイクのテクノロジー超簡単解説 一覧へ

ステージごとにみっちり計測! これが本当の実燃費

ステージごとにみっちり計測! これが本当の実燃費 一覧へ