MotorFan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. ニューモデル
  3. 新車情報

日産のNV200バネットが仕様向上で先進安全装備が拡充! AT車は「サポカー」に該当

  • 2020/01/14
  • MotorFan編集部
このエントリーをはてなブックマークに追加

1月9日、日産自動車は一部仕様を向上させた「NV200バネット」を発売した。税込車両価格はバンタイプが176万6600円〜272万8000円、ワゴンタイプが223万9600円〜272万8000円だ。

「ハイビームアシスト」や「LDW(車線逸脱警報)」などの先進安全技術も採用

 「NV200バネット」は、ビジネスシーンだけでなくデイリーユースからレジャーユースにいたるまで、幅広いシーンでの使い勝手の高さを誇り、確かな支持を受けている。

 十分な高さを確保した荷室空間と幅広のホイールハウス間による広い床面により、大衆キャブオーバーバンクラスナンバー1の「荷室高」と「幅」、「低さ」を実現した「NV200バネット」は、乗り降りの負担軽減と、荷室の利便性を両立。さらに、乗用車と同様に車両前方にエンジンをレイアウトし、エンジンからドライバーまでの距離を最大限に確保することで、車内へのエンジンノイズの侵入を抑え、静かで快適な車内空間を確保している。

 今回の仕様向上では、新たに先進安全装備の拡充を実施。衝突被害の軽減や追突の回避支援を行う「インテリジェント エマージェンシーブレーキ(衝突被害軽減ブレーキ)」は、フロントカメラに加え、夜間の検知能力が高いフロントレーダーを採用し、夜間でもより安心してドライブできるよう機能が向上した。

 また「ハイビームアシスト」や「LDW(車線逸脱警報)」などの先進安全技術も採用。加えて、前方の車両進入禁止標識を検知し、ディスプレイに警告表示や警告音により注意喚起を促したり、前方の最高速度標識や前方の一時停止標識を検知し、ディスプレイ等に表示する「標識検知機能(進入禁止標識検知、最高速度標識検知、一時停止標識検知)」をクラス初搭載した。なお、今回の衝突被害軽減ブレーキの採用により、AT車は「サポカー」に該当することとなった。

●新型「NV200バネット」モデルラインナップ

[バン・2WD車]
・DXルートバン(2人乗り):176万6600円(5速MT)/202万1800円(4速AT)
・DX(2人乗り):176万6600円(5速MT)/202万1800円(4速AT)
・DX(2/5人乗り):183万7000円(5速MT)/209万3300円(4速AT)
・VX(2/5人乗り):188万2100円(5速MT)/213万6200円(4速AT)
・GX(2/5人乗り):204万2700円(5速MT)/229万7900円(4速AT)

[バン・4WD車]
・DXルートバン(2人乗り):251万3500円(4速AT)
・DX(2人乗り):251万3500円(4速AT)
・DX(2/5人乗り):254万5400円(4速AT)
・GX(2/5人乗り):272万8000円(4速AT)

[ワゴン・2WD車]
・16X-2R(5人乗り):223万9600円(AT)
・16X-3R(7人乗り):240万5700円(AT)

※価格は消費税込み

スズキ・ハスラー vs ダイハツ・タフト

スズキ・ハスラー vs ダイハツ・タフト 一覧へ

東京オートサロン2020

東京オートサロン2020 一覧へ

ステージごとにみっちり計測! これが本当の実燃費

ステージごとにみっちり計測! これが本当の実燃費 一覧へ