MotorFan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. ニュース・トピック
  3. ニュース

2020年代前半にSUVの新型EV投入へ! スバルが「脱炭素社会の実現」に向けた長期目標を発表

  • 2020/01/20
  • MotorFan編集部
このエントリーをはてなブックマークに追加

1月20日、スバルは報道関係者向けに「SUBARU 技術ミーティング」を開催し、今後の具体的な技術開発に関する取り組みを発表した。

2020年代にはストロングハイブリッド車も導入予定

 同ミーティングで登壇した中村和美社長は次のようにコメント。

「100年に一度と言われる変革の時代においても、スバルが長年培ってきたクルマづくりに対する姿勢は変わりません。私たちは、その“スバルらしさ”をさらに磨き、お客様にとってスバルが“ディファレント”な存在となることを目指します。同時に、地球環境保護をはじめとする社会的責任を果たすため、スバルは個性と技術革新によって、脱炭素社会の実現に貢献していきます」

スバル代表取締役社長CEO 中村和美氏

 同社は「脱炭素社会の実現」を目指す観点から、次の長期目標を公表した。
・2050年にWell-to-Wheel(※)で新車平均(走行時)の二酸化炭素排出量を、2010年比で90%以上削減
・2030年までに、全世界販売台数の40%以上を、電気自動車とハイブリッド車にする
・2030年代前半には、生産・販売するすべてのスバル車に電動技術を搭載

※「油井から車輪」の意味で、EVなどが使用する電力の発電エネルギー源まで遡って、二酸化炭素排出量を算出する考え方

スバルの新型EVデザインスタディモデル

 この長期目標に基づき、2020年代前半にはCセグイメントSUVの新型EVを市場投入するほか、ガソリン車では2020年に熱効率を高めた新設計の1.8L水平対向ターボエンジンを投入する見通しであることが発表された。

 同社ではすでに、電気駆動車としてマイルドハイブリッドの「e-BOXER」(2012年導入)とプラグインハイブリッド(2018年導入)を導入しているが、上記の新型EVに加えて、2020年代にはストロングハイブリッドモデルを追加。いずれも全輪駆動のAWDシステムを採用し、スバルらしさを打ち出すという。

新型コロナウイルスと自動車業界

新型コロナウイルスと自動車業界 一覧へ

自動運転特集

自動運転特集 一覧へ