MotorFan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. ニューモデル速報
  3. 新車情報

新型フォルクスワーゲン・ゴルフの高性能版「GTI」「GTD」「GTE」がジュネーブ・モーターショー2020で3モデル揃って発表!

このエントリーをはてなブックマークに追加

2月27日、フォルクスワーゲンは3月3日に開幕するジュネーブ・モーターショー2020で、新型ゴルフの高性能モデルシリーズである「ゴルフGTI」「ゴルフGTD」「ゴルフGTE」を3モデル揃って初披露すると発表し、各モデルの写真を公開した。

「GTI」には245psの2.0Lガソリンターボを、 「GTD」には200psと400Nmを発する2.0Lディーゼルターボを搭載。PHEVの「GTE」は総合で245psを発揮

 日本導入が待たれている八世代目の新型ゴルフに、ガソリンターボを積む「GTI」、ディーゼルターボの「GTD」、そしてプラグインハイブリッド仕様の「GTE」と、パワートレインの異なる3タイプの高性能版3モデルが揃って設定される。

 いずれもXシェイプデザインのLEDフォグランプを専用デザインのフロントバンパーに装着。さらに薄型フロントグリルにはLEDバーが装備される。フロントマスクやフロントフェンダー後部、リヤゲート中央にはそれぞれのモデルバッジがあしらわれる。ルーフエンドスポイラーやレッドにペイントされるブレーキキャリパーも、共通するディテールだ。ホイールサイズは17インチが標準で、18または19インチがオプションで選べる。

 インテリアでは、10.25インチディスプレイによるデジタルメーターや10インチディスプレイ付きインフォテイメントシステムで構成する「イノビジョンコックピット」や、タッチセンサー付きの本革巻きスポーツステアリングホイール、ステンレス製フットペダル、そしてタータンチェック柄を表皮に取り入れたシートなどが、3モデルの共通点となる。

 そのほか、GT系モデルの特色として、GTIとGTDは標準のゴルフより15mmローダウンとなる専用セッティングのサスペンションを搭載。さらに、電子制御ディファレンシャルロックの「XDS」が装備される。なお、ダンパーの減衰力が電動パワーステアリングの特性をコントロールするアダプティブシャシーコントロール「DCC」はオプション扱いになるという。

 運転支援技術としては、アダプティブクルーズコントロールを組み合わせる部分自動運転システム「トラベルアシスト」が。車速210km/hまで対応している点が挙げられる。

新型ゴルフGTI

 「GTI」には245psを発揮する「EA888エボ4」型の2.0L 直列4気筒ガソリンターボエンジンを搭載。トランスミッションは6速MTのほか7速DCT(DSG)を設定する。

 外観では「GTI」バッジに加えて、左右両側出しのエキゾーストフィニッシャーが、内装ではステアリングホイールやインパネ、シートにレッドの差し色が入り、GTIを主張する。

「GTD」には200psと400Nmを発する「EA288エボシリーズ」型2.0L 直列4気筒ディーゼルターボを搭載。このエンジンには排ガス浄化システム「SCR(Selective Catalytic Reduction)」がふたつ装着され、これまで以上にクリーン性が高い。トランスミッションは7速DSGが組み合わされる。

新型ゴルフGTD

 内外装では、片側2本出しのエキゾーストフィニッシャーに加えて、「GTD」バッジやシルバーの差し色が内外装に採用され、GTDを主張する。

 そして「GTE」のハイブリッドパワーユニットは、150psの「EA211 TSI」型1.4L 直列4気筒ガソリンターボエンジンに、85kW(約114ps)のモーターを組み合わせ、総合で245psを発揮する。トランスミッションは6速DSGだ。リチウムイオンバッテリーの容量は13kWhで、「Eモード」と呼ぶEVモード時は最大60kmの航続距離、最高速度130km/hを実現する。給電口はフロントフェンダー後方に設置された。

新型ゴルフGTE

 内外装では「GTE」バッジのほか、ブルーの差し色やクロームアクセントをあしらった専用デザインのリヤバンパーが採用され、GTEであることが表現されている。

スズキ・ハスラー vs ダイハツ・タフト

スズキ・ハスラー vs ダイハツ・タフト 一覧へ

4代目トヨタ・ハリアー特集

4代目トヨタ・ハリアー特集 一覧へ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ 一覧へ