MotorFan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. 交通取締情報局
  3. オービス情報

最新オービス情報! 新型LHシステムは、移動オービス同等の進化版? 単機で複数車線に対応って、ホントですか? 今時の新規高速オービスは、複数車線に単機対応がトレンド!? 今さらですが、ほんとに緊縮財政が理由なの?【交通取締情報】

  • 2020/03/04
  • 「東新宿交通取締情報局」
このエントリーをはてなブックマークに追加

複数車線なのにオービスがたったの1機(カメラ&ストロボが1セット)、それが最近の固定式オービス新設のトレンドだ。果たしてその理由は?

固定式オービスの主役、LHシステムも、移動オービス同等の進化を遂げている可能性あり??

この1月に、関越道に出現したLHシステム。この写真の撮影当時、カメラ(右側)は追い越し&第二走行車線の中間に向けられていた。
俗に「縦型LH」と呼ばれる首都高専用のLS型オービスは、一見、単機に見えるが、実は2個ずつのカメラ&ストロボが上下2段構えで内蔵され、2車線に対応しているのだ。

 高速道路に設置されるループコイル式Hシステム、いわゆる「LHシステム」は、2セット、あるいは3セットの端末で複数車線に対応させる、というのが従来のセオリーだった。なにしろ、1セットではカメラの向き(狙える車線)は変えられるものの、当然、複数の車線を同時に捕捉することはできない。となると、車線に限らず大幅な超過スピードで走るクルマが多い高速道路では、取り逃がす可能性が高くなるというわけだ。

 ところが、最近、高速道路に新設された5カ所のLHシステムの端末は、複数車線に関わらず、すべて1セット。さすがに20年以上続くデフレ=不況の影響で、警察の方針がコスト重視へと転換されたのではないか? そう思っても不思議はない。

が、しかし、よく考えてみれば、ただでさえ取り締まり効率の落ちている固定式オービスを、さらに効率の悪い条件で新設するというのもおかしな話。そこで、これはあくまでも想像に過ぎないが、もしかして、今や、スピード取締りの主役となっている移動オービス(レーザー式&レーダー式)同様に、LHシステムもカメラ 1台で複数車線を同時に狙える(撮影できる)ように進化を遂げているのではないか? なにしろ、LHシステムの製造メーカーは、レーザー式移動オービス、LSMシリーズと同じく、東京航空計器㈱。その可能性は、限りなく高い。

 実際に撮影されてみるわけには行かないし、東京航空計器㈱も「オービスに関する質問にはノーコメント」(じゃ、裁判でもそうしたら?)ということなので確かめようがないが、実は、年頭に関越道に新設されたLHは、設置当初はカメラが追い越し車線と第二走行車線の中間に向けられていたという事実がある(現在は追い越し車線狙い)。両車線をうまく捕捉できるか、テストしていたのではないだろうか?

 いずれにしても、端末が1セットだからといって、油断は禁物! 今後は「走行車線なら大丈夫」という通説が、ますます通用しなくなるのかもしれません。

超速報! 正月早々、関越道に出現した新規オービスは、コスパ重視の単機LHシステム!!【交通取締情報】

 昨年5月、埼玉県警が速度違反自動取締装置、いわゆる固定式オービスの設置工事委託業務の入札を告示したことは、すでに当コ...

あわせて読みたい

中央道の自動速度取締機撤去ポイントに、レーダー探知機が効かないLHシステムが復活!【交通取締情報】

昨年冬、撤去された中央自動車道229.3KPの2連H。が、この2月、同じポイントに早くもLHシステムが新設された。が、ここもまた...

あわせて読みたい

史上最強定置式オービス、LHシステムの怖さを科学する!【交通取締情報】

最近のスピード取り締まりに関する話題といえば、なんといっても可搬式の新型オービス。確かにネズミ捕りにオービスが導入さ...

あわせて読みたい

スズキ・ハスラー vs ダイハツ・タフト

スズキ・ハスラー vs ダイハツ・タフト 一覧へ

4代目トヨタ・ハリアー特集

4代目トヨタ・ハリアー特集 一覧へ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ 一覧へ