MotorFan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. カタログ
  3. ホンダ|HONDA
  4. フィット

ホンダ新型フィット 選ぶべきはe:HEV?CROSSTAR(クロスター)? HOME? NESS? パーソナルチョイスの思考回路

  • 2020/03/20
  • MotorFan編集部 鈴木慎一
このエントリーをはてなブックマークに追加
ホンダ新型フィットCROSSTAR

ホンダ新型フィットが好調だ。初期受注は3万1000台を超えたと発表されている。ボディタイプ、パワートレーン、駆動方式、そしてグレード、選び甲斐がある新型フィット、買うならどれか? 試乗を通して考えてみた。

まずはCROSSTARか、それ以外か?

どのグレードを選んでも、この気持ち良い視界は手に入る

 すでにご存知のとおり、新型フィットには2種類のボディタイプがある。ノーマル(BASIC/HOME/LUXE)とSUVテイストを加えたクロスターである。クロスターは、専用の前後バンパーやグリル、クラッディング(ホイールアーチに装着されているブラックの部分)がついて、全長が95mm、全幅が30mm拡大されている。タイヤも外径が一回り大きい185/60R16サイズとなり、最低地上高もFF車で25mm高い160mmとなっている。
 どちらを選ぶか? どちらを選んでも、極細Aピラーによる、気持ちのよい視界が手に入る。この視界は、新型フィットの最大の魅力だと最初に言っておきたい。

FIT NESS 全長×全幅×全高:3995×1695×1515mm ホイールベース:2530mm 
CROSSTAR 全長×全幅×全高:4090×1725×1545mm ホイールベース:2530mm

HOME
全長×全幅×全高:3995×1695×1515mm ホイールベース:2530mm 
CROSSTAR
全長×全幅×全高:4090×1725×1545mm ホイールベース:2530mm

e:HEV CROSSTAR
e:HEV CROSSTAR

 ルーフレールもついたクロスターは、やはり華やかでカッコいい。アウトドア趣味もなくラフロードを走ることもない人でも、なんとなく「活動的」に見せてくれるし、力強い印象もある。荷物もたくさん積めそうだ(もちろん、トランク容量は変わらないが)。
 では、どちらを選ぶか(繰り返すがあくまでも個人的なチョイスとして、である)。パッケージングこそがコンパクトカー開発のキモだと考えると、同じユーティリティ、居住性ならボディサイズは小さい方がいい。全長4090mm、全幅1725mmだって充分にコンパクトだが、ノーマルボディには敵わない。
 力強いルックスを演出するのに一役買っている全高の高さは、20mmのスペーサーを噛ませることで成立している。ノーマルボディで最適化されたシャシーに20mmとはいえ、スペーサーを噛ませて同じシャシー性能を発揮させるのは至難の技だ。フィット・クロスターに限らず、スペーサーを使うクロスオーバーは、シャシー性能ではノーマルボディに一歩譲るというのが個人的な見解だ。もちろん、視界の良さ、乗降性の改善といったメリットもあるので、「ちょっと背高」が悪いわけではない。
 フィットに関してだと、同じパワートレーン(e:HEV)同士の比較で、段差の乗り越え、石畳路でのNVといった面で、クロスターはノーマルボディにちょっと負けていた。

 ということで、ボディはノーマルを選ぶ。(ちなみに、同じ最小回転半径はノーマル(HOME)が4.9m、クロスターが5.0m)

FIT HOME

おすすめのバックナンバー

自動運転特集

自動運転特集 一覧へ

新型コロナウイルスと自動車産業

新型コロナウイルスと自動車産業 一覧へ

MotorFanオリジナル自動車カタログ

自動車カタログTOPへ

MotorFan厳選中古車物件情報

中古車TOPへ