MotorFan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. カタログ
  3. マツダ|MAZDA
  4. MAZDA3ファストバック

マツダMAZDA31.5ℓモデル 「これでいい」ではなく「これがいい」装備も走りも燃費も不満なし MAZDA3 FASTBACK 15S Touring

  • 2020/03/31
  • MotorFan編集部 鈴木慎一
このエントリーをはてなブックマークに追加
MAZDA3 FASTBACK 15S Touring 車両価格○231万5989円 試乗車はOP(360°ビューモニター+ドライバーモニタリング8万6880円)込みで240万2869円

MAZDA3のエントリーグレード15S Touringに試乗した。SKYACTIV-G1.5の1.5ℓ直4エンジンを搭載するファストバックモデルである。見上げれば頂上にSKYACTIV-Xエンジン、SKYACTIV-D1.8エンジンをいただくMAZDA3のグレード構成のボトムラインを支える15S。これが想像以上にいいクルマだったのだ。

車両価格231.6万円の1.5ℓモデルの実力や如何に?

鳴り物入りで登場したMAZDA3。あまりにも前評判が高かったので、「販売台数が伸び悩んでいる」「SKYACTIV-X搭載モデルの価格が高すぎる」といった声があるもの事実だ。でも1.5ℓモデルは手放しで「いい!」と言える

 マツダの新世代商品群のトップバッターであるMAZDA3のボトムエンド、1.5ℓガソリンエンジン搭載モデルを試乗した。15S Touringである。厳密には最廉価グレードは15S(FFモデルで222万1389万円)で、15S Touringは装備を充実させたグレードである。
 週末に200kmドライブしただけ、ではあるが、いきなり結論からいうと、この1.5ℓモデル、とてもよかった。「これで充分」ではなく、積極的に「これがいい!」と感じた。
 マツダ横浜R&Dセンターで対面した15S Touringは、外観からはエントリーグレードとはまったくわからない。18インチのアルミホイールを履いているから足元に弱々しさもない。1.5ℓエンジンを搭載しているからといってMAZDA3のカッコよさは、いささかも損なわれることはない。
 現在のMAZDA3の販売は、当初の目標月販台数をクリアする水準で推移しているという。そそれを支えているのが、この1.5ℓモデルなのだ

室内長×幅×高:1820mm×1490mm×1160mm
シートはブラック(チャコールステッチ)のクロス製 もちろん電動ではない
身長175cmの人が前後に座ると後席膝周りには握り拳1個分の余裕がある

 ドアを開けてコックピットにおさまる。ステアリングは上級車種と変わらない本革巻きだし、フロントウィンドウ投射タイプのHUD(ヘッドアップディスプレイ)も付いている。「これはオプションだろう。いくらどうか?」と思ってスペックシートを見てみると、
車両価格○231万5989円
試乗車はOP(360°ビューモニター+ドライバーモニタリング8万6880円)込みで240万2869円
 と書いてある。つまり、もともとの231万5989円でもうフル装備状態なのだ。オプションで追加するものがないほど充実した装備である。
 この15S Touringで設定がない装備は
クルージング&トラフィックサポート
交通標識認識システム
前側方接近車両検知
アダプティブヘッドライト
パワーシート
 くらいで、そのどれも(アダプティブヘッドライトは欲しいけれど)なくても不自由しない装備だといえる。だって、231万円のクルマですよ。

全長×全幅×全高:4460mm×1795mm×1440mm ホイールベース:2725mm
トレッド:F1570mm/R1580mm
車重:1340kg 前軸軸重820kg 後軸軸重520kg

おすすめのバックナンバー

自動運転特集

自動運転特集 一覧へ

新型コロナウイルスと自動車産業

新型コロナウイルスと自動車産業 一覧へ

MotorFanオリジナル自動車カタログ

自動車カタログTOPへ

MotorFan厳選中古車物件情報

中古車TOPへ