MotorFan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. ニュース・トピック
  3. コラム・連載記事

艦隊防空、ミサイル防衛を担うイージス艦:海上自衛隊「こんごう」型護衛艦 自衛隊新戦力図鑑13

このエントリーをはてなブックマークに追加
護衛艦「こんごう」型(DDG-173)。写真/海上自衛隊

日本を守る陸・海・空自衛隊には、テクノロジーの粋を集めた最新兵器が配備されている。普段はなかなかじっくり見る機会がない最新兵器たち。本連載では、ここでは、そのなかからいくつかを紹介しよう。今回は、海上自衛隊「こんごう」型護衛艦、つまりイージス艦だ。日本の防空を担うイージス艦に迫る。
TEXT&PHOTO◎貝方士英樹(KAIHOSHI Hideki)

イージスシステムを海自で初めて搭載した艦

艦橋構造物に設置された白い八角形の装置がSPY-1D多機能レーダー。水平垂直に360度を監視できる。これは「こんごう」型2番艦「きりしま」(DDG-174)で、艦体の放水は放射能塵洗浄装置を作動している様子。写真/海上自衛隊

 護衛艦「こんごう」型はミサイル護衛艦などとも呼ばれるが、いわゆる「イージス艦」だ。イージスとは搭載する中核的な武器体系の呼び名で、対空(防空)戦闘を重視した艦載武器体系の「イージス武器システム(AWS:AEGIS Weapon System)」を指す。米海軍とロッキード・マーティン社が開発した同システムは艦隊を丸ごと防空する機能を持つ。
 イージスは「Aegis」と書き、ギリシャ神話の女神アテナが使う防具の「楯」に由来した単語の英語読みだ。この楯はあらゆる邪悪や災厄を払う魔除けの能力を持つという。この楯になぞらえたイージスシステムは相手の攻撃をすべて封じるものという意味になる。
 システムはレーダー/センサー、制御装置、武器(ミサイル)の3分野から成る。長距離・広範囲を探ることのできるSPY-1D多機能レーダーを備え、高性能コンピュータ群は攻撃相手の脅威度を自動判定し射撃(反撃)も自動制御する。反撃手段は「スタンダード対空ミサイル(SM-2、SM-3)」などだ。こうしたシステムを搭載した戦闘艦をイージス艦と呼んでいる。

「きりしま」の艦首側VLS(Vertical Launching System:垂直発射装置)から発射されるSM-3ミサイル。VLSは「セル」と呼ばれる独立した区画にキャニスターに内包されたミサイルが詰められている。写真/米海軍

 イージスシステムの開発要求は東西冷戦の時代に始まる。当時のソ連は、米海軍の空母戦闘群(機動艦隊、現・打撃群)に対抗できる艦隊を保有できず、代わって編み出したのが、爆撃機が積んだ対艦ミサイルで米空母を攻撃することだった。潜水艦から発射する対艦ミサイルも合わせ、一度に100発以上もの対艦ミサイルを射撃するのだ。米空母艦隊の迎撃・防空力を上回る「数量」の武器を短時間に集中する「飽和攻撃」である。この対抗手段として開発されたのが同時多目標に対処できるイージスシステムだった。

 護衛艦「こんごう」型はイージスシステムを海上自衛隊で初めて搭載した艦で、1993年に就役した。米海軍以外で初めて保有されたイージス艦でもある。自衛艦隊の防空に加え、日本列島全体の防空を担う存在へと能力は高められている。
「こんごう」型の対空戦闘システムはまず、レーダーが百数十km以上の遠距離で目標を探知する。探知は10個以上の目標に同時対応できるという。搭載した対空ミサイルの最大射程は百km以上といわれ、防空能力を飛躍的に向上させた武器が積まれている。
 情報処理能力は高度だ。システムは対象の脅威度を判定、それを元に攻撃の優先順位を決め、全自動で射撃する(手動もある)。人間が探知・判定・対応する従来型の迎撃行動よりも、射撃開始までの時間(リアクションタイム)が短縮されている。高速ミサイルなどにも対応可能だ。

同じく「きりしま」のSM-3発射を艦尾方向から見ている。手前の円柱2つは艦対艦ミサイル「ハープーン」の発射筒。4連装の発射筒を2基搭載している。写真/米海軍

おすすめのバックナンバー

スズキ・ハスラー vs ダイハツ・タフト

スズキ・ハスラー vs ダイハツ・タフト 一覧へ

4代目トヨタ・ハリアー特集

4代目トヨタ・ハリアー特集 一覧へ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ 一覧へ