Motor-Fan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. ニューモデル速報
  3. 新車情報

スターリング・モス卿に捧ぐ。マセラティの新世代スーパースポーツ、MC20 プロトタイプの写真公開!

このエントリーをはてなブックマークに追加
手前が新開発のMC20、奥左の白いマシンがマセラティ・エルドラド、右の赤いマシンがマセラティ250F

マセラティは新型スーパースポーツカー、マセラティMC20のプロトタイプを3月5日に続く第2弾として公開した。 この4月12日に90歳でこの世を去った、モータースポーツ界の偉大なレジェンド、スターリング・モス卿に敬意を表して、 モスとともにレース界で活躍をした2台のマセラティ(マセラティ エルドラドおよび250F)とともにMC20のプロトタイプを写真に収めた。

 マセラティが、現在開発を進めている新世代スーパースポーツカーが「MC20」だ。
 車名の「MC20」とは、“Maserati Corse (マセラティ・レーシングの意)2020”を意味し、同ブランドが再びレースシーンに復帰することを祝う意味合いが込められている。同時に、2004年、37年ぶりにレースへの復帰を示した「MC12」の進化版でもある。

 今回、MC20とともに登場した2台のマセラティは、それぞれマセラティにとって意味深いモデルである。

赤いマシンがマセラティ250F。奥がエルドラド

 マセラティ・エルドラドは、 1958年のモンツァでデビューしたシングルシーターのレーシングカーで、 MC20のプロトタイプはこのモデルをデザインモチーフとしている。

 次は、マセラティ250F。 5月13日は、1956年のF1モナコGPでマセラティ250Fを駆ったスターリング・モスが、 彼のレーシング人生の中でも屈指の素晴らしい勝利を挙げた記念すべき日だ。 F1屈指の難コース、モナコの公道コースの100周を、 モスはポール・トゥ・ウィンで勝利を収めたのだ。

 モスはF1世界選手権で66のグランプリに参戦、 16勝を挙げ、 4度の2位、 3度の3位と世界王者に最も近いながらもタイトル獲得が叶わなかった「無冠の帝王」だ。1956年シーズンおよび1957年のいくつかのレースでは、 後年に”お気に入りのマシン”として語っているマセラティ 250Fを駆り、 ファン・マヌエル・ファンジオだけに敗れている。 そしてそのファンジオは250Fで1957年の世界タイトルを獲得しており、 マセラティのマシンの信頼性と優位性が示された結果だった。

スターリング・モス卿のサイン

  世界のモータースポーツ史に名を残す偉大な人物の一人であり、 マセラティのレース史で最も輝かしい歴史を刻んだ人物のひとりであるスターリング・モス卿へのオマージュとして、 今回MC20のボディにスターリング・モスの"サイン"を記している。

 MC20の登場は、 モデナを拠とするマセラティにとって非常に重要な意味を持っている。 2010年にMC12でGT1世界選手権を制して以来のレース界へのカムバックというだけでなく、 マセラティが100%自社設計・開発・生産をする新しいエンジンを初めて採用するマシンだからだ。

マセラティが開発中の新世代スーパースポーツカー「MC20」のプロトタイプ車両によるテスト走行を開始!

マセラティはこのほど、現在開発を進めている新世代スーパースポーツカー「MC20」のテスト走行を開始したことを発表し、プロ...

あわせて読みたい

マセラティの新型スーパースポーツカーの名前が「MC20」に決定! 5月末までにモデナでアンベール

2月19日、マセラティは現在開発を進めている新型スーパースポーツカーの名前が「MC20」に決定したと発表した。このニューモデ...

あわせて読みたい

ホンダエンジンの技術力は凄い|内燃機関超基礎講座特集

ホンダエンジンの技術力は凄い|内燃機関超基礎講座特集 一覧へ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ 一覧へ

オービスの疑問をスッキリ!!交通取締情報特集

オービスの疑問をスッキリ!!交通取締情報特集 一覧へ