MotorFan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. ニュース・トピック
  3. ニュース

4ローター搭載のレーシングカー「マツダRX-VISION GT3コンセプト」登場! グランツーリスモSPORTで5月22日からドライブ可能

  • 2020/05/22
  • MotorFan編集部
このエントリーをはてなブックマークに追加
RX-VISION GT3コンセプト

ついにロータリーエンジンを搭載したマツダの新型レースカーが登場した! ただし、その舞台は現実のサーキットではなくバーチャル。プレイステーション4用ソフト『グランツーリスモSPORT』のために、マツダがデザインした「RX-VISION GT3コンセプト」は、5月22日から提供が開始される。PS4とソフトがあれば、誰でも4ローターのGT3レース車両をドライブすることできるのだ。

 今回、グランツーリスモSPORTに追加された「RX-VISION GT3コンセプト」は、2015年10月に公開されたコンセプトカー「RX-VISION」をベースとして、FIA GT3の車両規則に準拠してモディファイされたレーシングカーだ。次世代ロータリーエンジン「SKYACTIV-R」を搭載した、マツダがいつか実現したいスポーツカーの姿を表現したモデルでもある。

 キャビン、ドア形状はGT3車両規定に準じてオリジナルのままを維持しながら、前後のタイヤ/トレッド拡大に伴ってワイドフェンダー化。空力性能向上とエンジンルーム内の冷却を両立する大型エンジンフードアウトレットのほか、前後にスポイラー類を追加している。また、軽量化・低重心化を進めた結果、前後重量配分は48:52と理想的な前後重量配分を実現した。

 コックピットは、レース中の操作感を重視し各機能を配置。特にステアリングホイールは操作性を高めた専用デザインを採用している。RX-VISION GT3コンセプトでも、シート形状をはじめ、ドライビングポジションおよびペダル配置と運転中の視界確保は最重点項目。ロードカーでもバーチャルレースカーでも、マツダの「人間中心」というフィロソフィーは共通ということだ。

 RX-VISION GT3コンセプトは、5月22日に行なわれるグランツーリスモSPORTのアップデート(1.59)が完了後、ドライブすることが可能となる。

 グランツーリスモSPORTでは同時に、マツダ創立100周年とMAZDA RX-VISION GT3コンセプトのリリースを記念して、「MAZDA 100周年」を冠する2つのスペシャルイベント「RX-VISION GT3コンセプト タイムトライアルチャレンジ」と、「RX-VISION GT3 コンセプト リバリーデザインコンテスト」が開催される。

 詳しくは、グランツーリスモの公式ホームページをご確認いただきたい。

MAZDA RX-VISION GT3 CONCEPTを収録。『グランツーリスモSPORT』アップデートのお知らせ

RX-VISION GT3コンセプトは、マツダのデザイナーとポリフォニー・デジタル(グランツーリスモSPORTの開発会社)のデジタルモデラーとの共作だ
量産車両の開発と同様に、各部のデザインスケッチワークからスタートし、3Dデ ジタルモデリングを経て、細部にわたる最終デザインが完成した

【RX-VISION GT3コンセプト】

全長×全幅×全高:4590mm×2075mm×1120mm
ホイールベース:2700mm
車重:1250kg
前後重量配分:48対52

サスペンション:
F|ダブルウィッシュボーン式
R|マルチリンク式
タイヤ:ミシュラン 310/700-18

駆動方式:FR
エンジン形式:4ローター・ロータリーエンジン(SKYACTIV-R)
排気量:2600cc
最高出力:570ps/9000rpm
最大トルク:540Nm/7500rpm
※出力や重量はレースに応じて、性能調整(BoP)が行われ、変更されることがあります。

自動運転特集

自動運転特集 一覧へ

新型コロナウイルスと自動車産業

新型コロナウイルスと自動車産業 一覧へ