MotorFan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. ニュース・トピック
  3. ニュース

CX-30とCX-9のおかげでマツダの北米セールスは盛り返し。前年同月比−1.0%まで回復

このエントリーをはてなブックマークに追加
マツダCX-30

マツダの北米部門である北米マツダ(Mazda North America Operations)が2020年5月の販売台数データを発表した。新型コロナウイルスの流行で自動車販売に大きな影響を受けているアメリカでマツダはどうだったか?

CX-5は前年同月比ー13.6%だったが、それでも5月に1万2140台を売り上げた看板モデルだ。

 北米でのマツダの販売は、4月は前年同月比46.6%と大きく落としたが、5月は前年同月比ー1.0%まで盛り返している。その立役者はCX-30だ。
 では、各モデルの販売台数を見てみよう。
MAZDA3 3368台(ー32.2%)
MADZ6 1477台(ー30.8%)
MX-5 Miata 1102台(+30.7%)
CX-3 842台(−29.1%)
CX-30 3583台
CX-5 1万2140台(ー13.6%)
CX-9 2421台(+20.8%)

となっている。
 5月単月で2万4933台(ー1.0%)、1-5月が10万3543台(ー10.5%)となっている。

CX-30が本格的に販売開始された2019年12月からの販売台数の推移を見てみよう。

CX-30
CX-30
19年12月:868台
1月:2368台
2月:3754台
3月:2242台
4月:1483台
5月:3583台

MAZDA3 Saedan
対するMAZDA3は次のような推移だ。
19年12月:3175台
1月:2496台
2月:3759台
3月:1863台
4月:1492台
5月:3368台

 こうしてみると、今年の下半期の北米マツダの復調の鍵を握るのは、CX-30、そして不動の四番、CX-5になる。

CX-9

スズキ・ハスラー vs ダイハツ・タフト

スズキ・ハスラー vs ダイハツ・タフト 一覧へ

4代目トヨタ・ハリアー特集

4代目トヨタ・ハリアー特集 一覧へ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ 一覧へ