MotorFan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. ニューモデル速報
  3. 新車情報

フォード・ブロンコが帰ってくる! 7月13日に24年ぶりの復活! 日本への復帰は?〈SUVニュース〉

  • 2020/07/08
  • ニューモデル速報 小泉 建治
このエントリーをはてなブックマークに追加

タフなアメリカン・オフロード4WDの代表格、フォード・ブロンコ(Ford Bronco)が24年ぶりに復活する! 7月13日PM8時(日本時間の14日AM9時)、新型モデルがデビューすることが公式HPで明らかにされたのだ。

フォード伝統のSUVが原点回帰で六代目に進化!

 1966年から96年まで、五世代に渡って愛されてきたアメリカを代表するSUVが、久々に帰ってくる。2020年6月に開催される予定だったデトロイト・モーターショーでローンチされると予想されていた新型ブロンコが、7月13日PM8時(アメリカ東部標準時/日本時間では翌14日AM9時)に発表されると公式にアナウンスされたのだ。

 ボディは2ドア、4ドア、そして「スポーツ」と名付けられた現代のSUVらしいフォルムを持つタイプ、計3種類が用意されるようだ。このスポーツは、エスケープなどと同じモノコックボディを採用するはずで、言うなれば「ベイビーブロンコ」的な存在になると見られる。

 エンジンは直列4気筒エコブーストと10速ATの組み合わせが有力視されているが、上級グレード用にV型6気筒3.5Lも用意されると噂されている。

 すでに公開されているティザー写真(当ページトップ画面)を見る限り、デザインは「アーリー・ブロンコ」と呼ばれる初代モデルを彷彿とさせるものになっているらしい。

 こちらは日本のクルマ好き世代にとって思い出深い80年代の三代目ブロンコ。こういう気の利いたカラーリングも復活させてほしいところだ。

 左側は1969年にバハ1000を制した初代ブロンコ。そして右側は、そのバハ1000への参戦を見越して制作された新型ブロンコRのプロトタイプ。こうしたティザーが展開されていることからも、今回の六代目ブロンコの開発コンセプトは「原点回帰」にありそうだ。

 気になる日本市場への導入だが、現状ではなかなか難しいと言わざるを得ない。

 フォードは2016年に日本市場から撤退しており、ディーラー網の構築や顧客からの信頼の回復など、一度撤退した市場に再参入するには数々の問題が立ちはだかるからだ。ラインナップがブロンコだけというわけにもいかない。

 ただフォードには、マスタングやF-150など、多少お値段が高くても手に入れたいと思わせる魅力的なモデルがたくさんある。アメリカらしさを前面に押し出したブランドとして、日本での再出発を図ってほしいと願っている人は少なくないはずだ。

働くルノーはカングーだけじゃない! ルノーのピックアップ(小型トラック)「アラスカン」と「ダスター オロック」が欲しい〈RENAULT ALASKAN & DUSTER OROCH〉

なんとルノーにピックアップモデルが存在していた! その名もアラスカンとダスター オロックだ。異国情緒がハンパないこの2台...

あわせて読みたい

「世界の自動車オールアルバム 2020年」好評発売中!

世界の自動車がすべてわかる! 創刊11年目を迎え、ますます内容を充実させました。 日本で売っていないモデルやブランドも完全網羅!

コロナ禍により例年よりも発売が遅れてご心配をおかけいたしましたが、6月25日(木)に発売されました。全国の書店、Amazon、三栄販売サイトなどでお買い求めください。

発売日:6月25日(木)
価格:1864円+税

スズキ・ハスラー vs ダイハツ・タフト

スズキ・ハスラー vs ダイハツ・タフト 一覧へ

4代目トヨタ・ハリアー特集

4代目トヨタ・ハリアー特集 一覧へ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ 一覧へ