MotorFan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. ニューモデル速報
  3. 新車情報

アウディが電動クーペSUVのコンセプト「Q4スポーツバックe-tronコンセプト」を発表! 最高で500km超の航続距離を実現

このエントリーをはてなブックマークに追加

7月7日、アウディはクーペSUVのコンセプトモデル「Q4スポーツバックe-tronコンセプト」を発表した。市販モデルの生産は2021年からはじまる予定だ。

前後合わせて約302psを発揮する2基のモーターと、82kWhのバッテリーを搭載

 このコンセプトカーは、2019年のジュネーブ・モーターショーで公開されたアウディ初のコンパクト電動SUV「Q4 e-tron」をベースにクーペスタイルを採用した派生型で、ダイナミックでエレガントなスタイルが特徴だ。

 ボディサイズは全長4.6×全幅1.9×全高1.6mで、ホイールベースは2.77m。Q4 e-tronより1cm長く、1cm低いディメンションとなっている。

 パワーユニットの基本はQ4 e-tronと共有しており、システム出力225kW(約302ps)を発揮する2基のモーターと、82kWhのバッテリーを搭載。駆動方式は後輪駆動仕様と「クワトロシステム」による四輪駆動を設定。クワトロ仕様の場合は、6.3秒の0-100km/h加速タイムと180km/h(リミッター介入)の最高速を実現している。その一方で、航続距離はクワトロ仕様で450km以上、後輪駆動仕様では500kmを超えるという。

 ボディシルエットは、繊細かつダイナミックな弧を描きながら、後方に向かって傾斜。ルーフラインは大きく傾斜したDピラーへと流れこみ、リヤのリップスポイラーへと伸びていく。その結果、Q4スポーツバックの全長は、姉妹モデルのQ4 e-tron コンセプトよりもずっと長く見える。

 アウディ初の電気自動車「アウディe-tron」と同様に、この新しいコンセプトモデルも8角形シングルフレームグリルを備えている。内燃機関のようなラジエーターは備えないため、グリルの表面は閉じた構造となっている。

 デザインは、e-tronスポーツバックと様々な面で共通点を備えている。これは、ライトの内部構造にもあてはまる。複数のLEDセグメントに分割されたテールライトも、上位モデルとの関連性を印象づける。水平バーを備えたバンパーディフューザーユニットの印象的なデザインおよび中央に設置された照明付きe-tronロゴは、ふたつのQ4バージョンに共通するエレメントだ。

 左右のリヤランプ間を結ぶ印象的な幅広いライトバンドも特徴で、これらの2つのモデルが同じe-tronファミリーに属していることを、ひと目で認識することができる。

 4つのホイールの存在をデザイン的に強調するフェンダーは、1980年に登場した伝説的な初代「クワトロ」以来、アウディデザインを象徴する役割を果たしている。Q4 e-tronコンセプトおよびQ4スポーツバックe-tronコンセプトのワイドなフェンダーは、非常に有機的で流れるようなデザインを備え、サイドビューに豊かな表情を付け加えている。

 前後ホイール間のサイドシルエリアに設置されたアクセントは、この電動SUVのパワーユニットであるバッテリーがこの場所に搭載されていることを示すもので、e-tronの特徴となっている。22インチの大径ホイールは、アウディファミリーに加わった最新モデルの卓越したポテンシャルを示している。

 コンパクトクラスながら広い室内の持ち主である点も、このモデルの特徴だ。コンパクトなディメンションとは対照的に、2.77mのホイールベースは、1クラス上の室内スペースを実現している。電気自動車のため、室内にはスペースを制限するトランスミッショントンネルが存在しない。これにより、フロントおよびリヤシートの両方で、外観から想像するよりも遥かに広いスペースと快適性が与えられている。

 速度や充電レベル、ナビゲーションといった最も重要な情報を表示するバーチャルコックピットは、ステアリングホイールの後方に設置。拡張現実(AR)機能を備えた大型ヘッドアップディスプレイは、このクルマの新しい機能だ。このディスプレイは、ターンインジケーターなどの重要なグラフィック情報を、車両前方の道路上に浮かんでいるように投影することができる。

 タッチエレメントを使用したステアリングホイールの操作パネルでは、頻繁に使用する機能を割り当てることができる。センターコンソールの中央部分には、インフォテインメントおよび車両の機能を表示・操作するための12.3インチタッチスクリーンが設置されている。

 センターコンソールは、シフトレバーやパーキングブレーキレバーを設置する必要がないため、携帯電話用の充電クレードルを含む、広い収納スペースとなっている。美しくデザインされたトレイのような部分には、トランスミッションのモードを選択するためのボタンが一体化されている。

スズキ・ハスラー vs ダイハツ・タフト

スズキ・ハスラー vs ダイハツ・タフト 一覧へ

4代目トヨタ・ハリアー特集

4代目トヨタ・ハリアー特集 一覧へ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ 一覧へ