MotorFan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. ニューモデル速報
  3. 新車情報

BMWが新型ピュアEV「iX3」を発表! 市場導入は2020年後半の中国から

このエントリーをはてなブックマークに追加

7月14日、BMWは新型ピュアEVの「iX3」を世界初公開した。輸出向けとしても製造される中国生産のBMW車としてはこのiX3が初となり、市場へは2020年後半の中国を皮切りに順次導入される見通しだ。

80kWhのバッテリー搭載により最大航続距離は460kmを実現

 iX3はピュアEVパワートレインを搭載した「BMW X3」シリーズの新しいバリエーション。これによりX3はガソリン、ディーゼル、プラグインハイブリッドと合わせて4タイプのパワーユニットから選べるようになった。

 第五世代のBMW eDriveテクノロジーが採用されたパワーユニットは、286ps/400Nmを発するモーターと、400V/80kWhのバッテリーを搭載。6.8秒の0-100km/h加速と180km/h(リミッター作動)の最高速をマークする一方で、最大航続距離はWLTPテストサイクルで460km、NEDCテストサイクルでは520kmをマークする。

 EVパワートレインを搭載するものの、キャビンは5人が快適にくつろげる空間を確保。荷室容量は510ℓが確保され、後席シートバックのアレンジで最大1560ℓに広げることが可能だ(エンジンを搭載するX3は550〜1600ℓ)。

 内外装はX3ファミリーの一員であるスタイリングを採用していながらも、フロントマスクのキドニーグリルが専用デザインとなるほか、外観ではサイドスカートやリヤディフューザーに、内装ではステアリングホイールのセンターパッドやシフトセレクターなどにブルーのアクセントが施され、ピュアEV仕様であることを主張している。高い空力性能に寄与している19インチのBMWエアロダイナミックホイールも、iX3を個性的なルックスにする重要な要素といえる。

スズキ・ハスラー vs ダイハツ・タフト

スズキ・ハスラー vs ダイハツ・タフト 一覧へ

4代目トヨタ・ハリアー特集

4代目トヨタ・ハリアー特集 一覧へ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ 一覧へ