Motor-Fan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. カタログ
  3. マツダ|MAZDA
  4. CX−30

マツダCX-30がアメリカで絶好調! 8月は過去最高の販売台数を記録

このエントリーをはてなブックマークに追加
8月は3862台と、北米で過去最高のセールを記録したCX-30。

マツダの北米部門である北米マツダ(Mazda North America Operations)が2020年8月の販売台数データを発表した。営業日数が昨年より2日少なかったため、販売台数は前年同月比で微減だったものの、CX-30が過去最高の販売台数を記録するなど明るい材料も多い8月であった。

SUVが好調の北米マツダ。日本メーカーの中では最も落ち込み幅を抑えた

北米マツダが、新型コロナウイルスの影響を受けて販売が最も落ち込んだのは4月のこと。販売台数は1万940台(前年同月比44.5減)という散々な数字であった。しかし、5月からは販売台数が急回復し、6月と7月はついに前年同月比でプラスの数字を記録した。

1月:2万3621台(+17.8%)
2月:2万8385台(+19.0%)
3月:1万5664台(−41.8%)
4月:1万0940台(−44.5%)
5月:2万4933台(−1.0%)
6月:2万5326台(+10.9%)
7月:2万4085台(+3.4%)

※( )内は前年同月比

8月はどうだったのだろうか?

MAZDA3:3175台(−34.2%)
MAZDA6:1230台(−23.5%)
MX-5 Miata:774台(−5.1%)
CX-3:860台(−57.5%)
CX-30:3862台
CX-5 1万3745台(−11.8%)
CX-9:2443台(−6.6%)
TOTAL:2万6089台(−5.1%)


と、残念ながら3か月ぶりに前年同月比でマイナスとなってしまった。しかし、これは昨年の8月よりも営業日数が2日少なかったのが要因(2020年8月の営業日数は26日、2019年8月は28日だった)。1日あたりの販売台数で比較すると、今年の方が2.2%ほど多い計算になる。

そんな北米マツダの8月のMVPは、CX-30だ。2019年11月の発売開始以来、最高の販売台数(3862台)を記録した。また、CX-5とCX-9も好調で、8月としては過去2番目に多い販売実績となった。

8月は新車だけでなく中古車もよく売れた。CPO(メーカー認定中古車)の8月の販売台数は前年同月比+10%の6630台で、これは歴代3位の記録である。

トヨタが前年同月比−23%、ホンダが-22%、スバルが−17%だったのに比べると、-5%に抑えたマツダの好調ぶりが際立つ。CX-30とCX-5、CX-9といったSUV勢が、今後もしばらくは北米マツダを支えてくれそうだ。

北米マツダの稼ぎ頭、CX-5は8月に1万3745台を販売。
日本未導入のCX-9、8月の販売台数は2443台とこちらも堅調。

おすすめのバックナンバー

ホンダエンジンの技術力は凄い|内燃機関超基礎講座特集

ホンダエンジンの技術力は凄い|内燃機関超基礎講座特集 一覧へ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ 一覧へ

オービスの疑問をスッキリ!!交通取締情報特集

オービスの疑問をスッキリ!!交通取締情報特集 一覧へ

Motor-Fanオリジナル自動車カタログ

自動車カタログTOPへ

Motor-Fan厳選中古車物件情報

中古車TOPへ