Motor-Fan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. カタログ
  3. ポルシェ|PORSCHE
  4. 911

【理想の2台持ち|ポルシェ911(964)&スマート・フォーツーED】走りヨシと停めやすさヨシの組み合わせ(河村康彦)

このエントリーをはてなブックマークに追加

海外試乗会に多数参加し、ワールドカーオブザイヤーの選考委員でもある河村康彦。「理想の2台持ち」として選んだのは、「走り重視」の964型のポルシェ911と、「停めやすさ重視」のスマート・フォーツー(電気モデル)という組み合わせだ。

TEXT●河村康彦(KAWAMURA Yasuhiko)

全幅1.5m台に収まるピュアEVという希少な存在のスマート・フォーツーED

どれもこれもが「規格目一杯」の全長×全幅サイズの持ち主で、”小さいこと”が特徴なのにそれをリスペクトして作られたモデルが1台も存在しないという軽自動車たち。

かくして、小さいクルマが欲しい!となった時にはなかなかそれが個人的な選択肢に入らず、「やっぱりコレしかないかな」と思い浮かぶことになるのがスマートのフォーツーというモデル。それも、全幅が1665mmという3代目になると「もう、幅が広過ぎる」と思えてしまうので、それが1.5m台に収まる初代か2代目限定ということに。

全長2690mm、全幅1560mm、全高1540mmの2代目スマート・フォーツー。そのEV版である「エレクトリックドライブ(ED)」の市販モデルでは、床下に17.6kWhのリチウムイオンバッテリーを搭載し、航続距離140km以上(欧州測定基準)、最高速度120km/h以上というスペックを実現していた。

これだと、雨・風が凌げて空調も万全の上、高速道路も問題なく走れる上に、プラスティック・ボディだから”ドアパンチ”を受けても無問題(?)...と理想的。でも、さらに「遠出はしない」と条件を付けるならば、2代目に設定されたピュアEVの『フォーツー エレクトリックドライブ』が自身にとってはベストな選択ということになりそう。

5ナンバー・サイズなのに中身はスゴイ!のが964型ポルシェ911

というわけで、「駐めることを考えたクルマ選び」はこれでOKなので、お次は「走ることを考えたクルマ選び」。しかも、ある程度動力性能に余裕があって、長時間走り続けても疲労を覚えずに...と条件を加えて行くと、やはりそこで俄然光り輝いて見えるようになって来るのが、ポルシェの2ドア・モデルたち!

とはいえ、どんなに走りが優れても、最終的には駐車しなければクルマは役に立たない(!)ということを考えると、やっぱり小さめサイズには惹かれることに。そんなこんなで、今やすっかり高騰してしまった価格や、すでに”30年選手”ゆえに心配になるトラブルや修理代などには一切目を瞑るというならば、「5ナンバー・サイズなのに中身はスゴイ」という964型の911などは最高の相棒となってくれそう。

1989年に登場した964型の911。930型に対して、80%の部品が新設計された。エンジンは3.6Lに排気量が拡大されたフラット6で、4WDや4速ATなどの新機構も話題となった。

それにしても、フォーツーEDを手にするならば自宅に充電設備が必須だし、2台めが911だとさらに「3人以上が乗れる3台めが必要か」...等と冷静に考え始めてしまうと、こんなコンビは”夢物語”ということが明白に。

まぁ、初夢ならぬ”見納め夢”で良いんですよね。実際に「買わなければならない」と誰かに迫られているわけではないのですから。。。

『理想の2台持ち』は毎日更新です!

1台でなんでもこなすよりも、目的を分けた2台を所有することで、カーライフはもっと豊かになる。ということで、自分のライフスタイルや好みに合わせた理想の2台の組み合わせを、自動車評論家・業界関係者に選んでいただきます。明日の更新もお楽しみに!

おすすめのバックナンバー

水平対向と星型とロータリーエンジン特集

水平対向と星型とロータリーエンジン特集 一覧へ

ホンダエンジンの技術力は凄い|内燃機関超基礎講座特集

ホンダエンジンの技術力は凄い|内燃機関超基礎講座特集 一覧へ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ 一覧へ

Motor-Fanオリジナル自動車カタログ

自動車カタログTOPへ

Motor-Fan厳選中古車物件情報

中古車TOPへ