Motor-Fan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. ニュース・トピック
  3. コラム・連載記事

陸上自衛隊:雪国の機動力と輸送力「78式&10式雪上車」、雪面の飛び魚・スノーモービル「軽雪上車」

このエントリーをはてなブックマークに追加
陸上自衛隊の雪上車、手前が10式雪上車、奥が78式雪上車だ。2台並ぶと、現代化された10式のグラスエリアが拡大されているのがまず目を引く。視界が広まり、車体はコンパクト化され、総じて操縦しやすくなっているようだ。

春の到来を体感できる日が多くなるこの時期。しかし、北海道や東北、信越・北陸地方などの降雪地域では、まだ冬が続いている。今季は豪雪被害もあった。降雪地域での雪との格闘は現在も継続中と思われ、お疲れさまですという気持ちとともに今回は、自衛隊の雪上車に注目したい。
TEXT&PHOTO◎貝方士英樹(KAIHOSHI Hideki)

南北に長い日本列島の気候は多様だ。そして自衛隊の輸送系装備は全国共通なのだが、地域性に対応した装備・車両も存在する。降雪・積雪地域では雪上での確実な移動・輸送手段の保有と運用が必須だからだ。

陸上自衛隊では北海道や東北の部隊に雪上車を配備し、厳寒期の積雪の多い時期の輸送任務などで多用している。現在の主力装備は78式雪上車とその後継機である10式雪上車だ。

降雪した演習場を走る78式雪上車。写真/陸上自衛隊

78式雪上車は、1978年(昭和53年)に制式化、陸自の雪上車としては2代目にあたる。初代は1960年(昭和35年)に採用された60式雪上車だ。このほか、61式雪上車や小型雪上車というものがあったようだが、採用数はごく少数で、60式と78式が主流といえる。そして78式が旧態化したことを受けて2010年に登場したのが10式だ。大きく3つの代替わりを経ており、時代性や状況に合わせて更新されているのは自衛隊装備のなかでは珍しいことのように感じる。

雪上車は積雪地での走行や除雪された道路の走行が可能なものだ。各種の装備品や補給品などの積載と輸送、牽引などに使われる。冬季にスキーを履いた普通科(歩兵)部隊の隊員の曳航や、その普通科が使う各種の物資や火器・弾薬の輸送、拠点間の連絡、偵察活動などにも使われる。冬の雪国での活動には不可欠の存在というわけだ。

同じく10式雪上車。写真/陸上自衛隊

78式雪上車は基本的に簡素なメカニズムだといえる。ハイテク装備といったものはない。いすゞ製ディーゼルエンジンを積み、約170馬力で左右の履帯(キャタピラ)を動かし、車体後部の空間で人や物を運ぶ。シンプルなメカだ。

信頼性は高い。エンジンは、ひどく冷え込んだ朝でも一発始動するというし、脚周りも日本の雪に対応し、耐寒性と耐久性を向上させるための工夫が施された造り込みがある。

10式雪上車の履帯部。ゴム製のキャタピラと同じくラバータイヤの転輪などが見える。履帯表面に配された箱形の構造物で雪を噛みグリップする。

注目点はまず履帯だ。戦車などの金属製履帯ではなく、ゴムを主要素材とする幅広の履帯を装着する。履帯表面には箱形形状のスタッドが履帯横幅いっぱいに設置され、これが雪面を噛み込むことでグリップして進む。このゴム製履帯は氷点下30℃でも硬化することはなく、また、夏季の日差しに晒されたのちの冬季でもそのまま使用できるというから耐候性も高いことがわかる。

履帯内側の駆動輪と転輪はともにゴム製タイヤだ。戦車の金属製転輪と違いゴム転輪はばね下重量の軽量化に寄与する。雪上車は高速性より走破性に重きを置いた設計だから軽量さは都合がいい。整備性も高く、転輪交換時の作業性は良いという。走破性と耐寒性、耐久性、整備性を重視している。

78式雪上車の操縦席。座席の前、左右2本の転把(てんぱ)という操縦桿を前後に動かして操縦する。左右席間にエンジンが置かれ、マニュアルシフトノブが生えている。改造型ではフットブレーキの機構とペダルが配されたという。

操縦は転把(てんぱ)という左右2本の操縦桿を前後に操作する方式。操舵は左に行くなら左の操縦桿を手前に引く、右に行くなら右を引く。制動時は2本を引く。両手で操作しながら5速マニュアルシフトの操作も行なうので忙しい。操縦全般に様々なコツがあり、自在に動かすにはかなりの習熟が必要だという。

誰もが操縦しやすいわけでない78式の難点を改良したのが10式だ。4速AT化され、車体もコンパクトになった。小回りも利くようになり、ウインドウも大型化され視界も広くなった。被輸送性も向上し、長距離移動時に78式は大型トレーラーに積載する必要があり、そのぶん手間がかかった。一方の10式は73式大型トラックに積載可能なサイズになり、長距離移動の手間が軽減された。

78式や10式雪上車は人や物を運び、つまりは高機動車やトラックのような使われ方をされていることになる。だから必要なときに必ず使えるよう信頼性や耐久性が求められる。製造は雪上車のトップメーカーである大原鉄工所。同社は南極観測に用いる雪上車などを造り続ける国内唯一のメーカーで、信頼性はすこぶる高い。

おすすめのバックナンバー

水平対向と星型とロータリーエンジン特集

水平対向と星型とロータリーエンジン特集 一覧へ

ホンダエンジンの技術力は凄い|内燃機関超基礎講座特集

ホンダエンジンの技術力は凄い|内燃機関超基礎講座特集 一覧へ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ 一覧へ