Motor-Fan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. カタログ
  3. スバル|SUBARU
  4. インプレッサスポーツ

【プロが選ぶ最強のお買い得車|スバル・インプレッサ STIスポーツ】STIチューンの足まわりが絶品! 軽快な走りがクセになる

このエントリーをはてなブックマークに追加
スバル・インプレッサ STIスポーツ

エンジニアからエディターへ転身し、現在は多くの媒体で執筆活動を行う大音安弘さんが選んだ「最強のお買い得車」は、スバル・インプレッサ STIスポーツ、シトロエンC3シャイン、日産GT-R ピュアエディション。なかでもSTIスポーツはFFモデルの軽快な走りSTIチューンの足まわりとマッチしていてオススメだ。

TEXT●大音安弘(OTO Yasuhiro)

軽でも200万円が珍しくない昨今、クルマは高くなったと感じるのは当然のこと。しかし、その背景には、時代が求める先進機能の搭載や厳しさを増す環境対応などの理由もあり、単なる値上げともいえないのも事実だ。そこで改めて、内容、価格、所有体験など様々な角度からコスパの良いクルマを考えてみた。

1台目:スバル・インプレッサ STIスポーツ|246万円(FF)

「内容を考えれば超お買い得な、毎日乗れるスポーツカー」

スバルの新たなコンプリートカー「STIスポーツ」。そのエントリーモデルが、インプレッサSTIスポーツだ。インプレッサとしては、FFモデルでも約270万円とお高い。しかし、基本を共有するFFの2.0i-Lアイサイトとの価格差は、装備差を埋めるメーカーオプションを加えると、実質29万円ほど。専用チューニングダンパー、アクティブトルクベクタリング、18インチホイール、サイドスポイラー、アルミパッド付スポーツペダル、STI専用加飾の内外装などが追加される。内容を考えれば、超お得なのだ!

レヴォーグやBRZのSTIスポーツのような派手さはないが、STIチューンの足まわりが新世代プラットフォームSGPの魅力をしっかりと引き出した走りは想像するよりもずっとおもしろい。これは毎日乗れるスポーツカーだ。スバルとなると、4WD仕様が気になるだろうが、インプレッサはNAエンジン。ここはFFがベターだし、その軽快な走りは癖になる。FFのスポーツスバルなんて、原点回帰したみたいでおもしろい。

スバル・インプレッサ STIスポーツ。STIスポーツシリーズとしては、今回初めてFFモデルがラインナップされた。エクステリアはブラックカラーのパーツにより、精悍な印象。
フロントにSTIチューニングのSHOWA製ダンパーを採用。伸び側の減衰力が小ストロークの時に小さくなるメカニカル機構を内蔵している。
インテリアもステアリングやシートにレッドステッチを採用するなど、スポーティな仕立てに。

2台目:シトロエンC3シャイン|257万5000円

「輸入車の面白さを気軽に味わいたいならコレ」

高くて良い輸入車は数あれど、ここまで高条件が揃ったモデルも珍しい。それがシトロエンC3だ。現行型は、シトロエンらしい個性をお洒落に表現。しかも着飾らないポップさが周囲にも受けが良い。だから乗るだけで“お洒落な人”や“趣味の良い人”なんて、まわりの評価も勝手に挙げてくれる(たぶん...)。また乗ってみても、不満なし。シートは、ソファのようにふかふかで乗り心地も抜群。遠乗りだって疲れないのだ。

1.2L直3ターボは、110ps仕様なので、新プジョー208よりもパワフル。だから、加速性能や高速巡行性能も申し分なし。足まわりも硬すぎず、柔らか過ぎずで走りやすい。まさに万能選手なのだ。マイチェンモデルで価格も少し上がったが、インフォテイメントシステムがAndroid AutoとApple CarPlay対応になったのはグー! 高価なクルマを買わなくても、輸入車の面白さが味わえる、高コスパなフレンチだ。

シトロエンC3はグレードが二つ。エントリーがC3フィールで235万円、バックカメラやブラインドスポットモニター、革巻きステアリングホイールが追加される上級のC3シャインが257万5000円。
C3シャインはルーフの色が異なるツートーンカラーとなるのも特徴だ。

3台目:日産GT-R ピュアエディション|1082万8400円

規制強化でクルマの未来は、厳しさを増すばかり。そんな今のうちに載っておけ!の代表的存在ともいえるGT-R。エントリーモデルのピュアエディションでさえ、約1080万円とお高い。しかし、世界の一流スポーツカーと張り合える国産スポーツの最高潮が、この値段なら、お買い得といえるのではないだろうか。しかもピュアエディションでも、走りの装備は、基本共通で、他のグレードとも大きな違いはない。装備差は快適機能や内装の仕様などが多いのだ。つまりあの特別なエンジンと高性能な4WDシステムによる走りの体験は、ピュアエディションでも十分に味わえるのだ。

GT-Rの良さは、所有の後にもある。いつの日か酒の席で語れる「昔、新車のRに乗っていた」の一言は、最高の肴になるだろう。もし、その場にポルシェ乗りやフェラーリ乗りがいたとしても、一目置かれるに違いない...。やはり、サーキットが育んだ「R」の称号は、偉大なのである。日本のクルマ好きにとっては、米みたいに体の奥底に刻み込まれた価値なのだ。

2007年のデビュー時は777万円-の価格だった日産GT-R。進化を重ねるごとに価格も上昇していったが、偉大な「R」の末裔に乗れるのならば、1000万円でもお買い得と言える!? 写真はピュアエディション。

『プロが選ぶ最強のお買い得車』は毎日更新です!

予算に限りがある庶民にとって、車選びの際にこだわりたい要素が「コストパフォーマンス」。つまり、その車がお買い得かどうか、ということ。ただ安ければいいというわけではありません。ポイントは「値段と性能が釣り合っているか」。だから、価格が安い軽自動車だからコスパがいいとは限りませんし、1000万円以上のスーパーカーだってその価格に見合う機能や魅力があればお買い得と言えます。

というわけで、自動車評論家・業界関係者といった「クルマのプロ」たちに、コストパフォーマンスが高い「お買い得」な新車を3台ずつ、毎日選んでいただきます。明日の更新もお楽しみに。

おすすめのバックナンバー

水平対向と星型とロータリーエンジン特集

水平対向と星型とロータリーエンジン特集 一覧へ

ホンダエンジンの技術力は凄い|内燃機関超基礎講座特集

ホンダエンジンの技術力は凄い|内燃機関超基礎講座特集 一覧へ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ 一覧へ

Motor-Fanオリジナル自動車カタログ

自動車カタログTOPへ

Motor-Fan厳選中古車物件情報

中古車TOPへ