各部に「黒」をまとったマセラティの特別仕様車「ネロ インフィニート」誕生

マセラティ ギブリとレヴァンテに、日本専用限定モデル「ネロ インフィニート」登場。日本文化に根差した”漆黒”がテーマ

マセラティ レヴァンテ GT ネロ インフィニート」のエクステリア。
日本が愛する「黒」にこだわった特別仕様車「マセラティ レヴァンテ GT ネロ インフィニート」のエクステリア。
マセラティは、ブランドを代表する「ギブリ」「レヴァンテ」の2モデルに、日本人が古来より親しんできた「黒」の魅力を追求した日本特別限定車「ネロ インフィニート(Nero Infinito)」を設定。ハイブリッドモデルのギブリ GT、レヴァンテ GTから、それぞれ24台の限定販売となる。

Maserati Levante GT Nero Infinito

日本文化に深く根ざした「黒」をテーマ

日本が愛する「黒」にこだわった特別仕様車「マセラティ レヴァンテ GT ネロ インフィニート」のエクステリア。
古くから日本で愛されてきた「黒」にこだわった日本専用特別仕様車「ネロ インフィニート」が登場した。

イタリア語の「ネロ インフィニート(Nero Infinito)」の意味は「どこまでも黒い」、そして「漆黒」。上品さや高級感、重厚感といったイメージを持ち、控えめながらも確かな印象を万物に与える「黒」は、日本においても古くからの伝統工芸・建築をはじめとして、谷崎純一郎の「陰影礼賛」などに代表されるような、光と影に対する独自の感性を持ち合わせてきた。

日本が誇る著名なファッションデザイナーのコレクションにも「黒」をシグネチャーとしたデザインが多数見られるように、時代を超えて日本中から広く愛される「黒」は、その象徴的な意味合いを強く主張しながらも、あらゆる環境や他の色と運命的な調和を果たし続けてきた。

今回、ギブリとレヴァンテに設定された日本限定車「ネロ インフィニート」は、マセラティを購入する多くの日本のカスタマーにも選ばれることの多い「黒」へのこだわりを追求したモデル。最短で2022年6月頃、デリバリーされる予定となっている。

人気のハイブリッド・モデルがベース

日本が愛する「黒」にこだわった特別仕様車「マセラティ レヴァンテ GT ネロ インフィニート」のインテリア。
今回「ネロ インフィニート」のベースとなったのは、高効率とハイパワーを両立したV6ハイブリッド・システムを搭載する「ギブリ GT」と「レヴァンテ GT」。インテリアもブラックでまとめられている。

エクステリアデザインはCピラーのエンブレムがモデナ仕様の「黒」に変更。また、通常シルバー色のサイドGTバッジ、またリヤゲートに刻まれた“Maserati”と“Levante”、“Ghibli”の文字も特別な「黒」のコーディネートが施されている。Bピラーにはアクセントとして「Made in Italy」を象徴する国旗のトリコローレが、黒のボディとのコントラストで存在感を放つ。

ネロ インフィニートは新世代マイルドハイブリッドモデルのギブリ GT、レヴァンテ GTの2モデルで展開。これらに搭載されるハイブリッドシステムは、燃料消費量を18%抑えつつ最高出力330psのパフォーマンスを発揮するなど、V6の350psとほぼ同等の圧倒的なハイパフォーマンス・高効率を実現した。

マセラティジャパンの代表取締役社長、グレゴリー・ケイ・アダムズは、「ネロ インフィニート」について次のようにコメントした。

「日本では“黒”を愛されるお客様が多くいらっしゃいます。特にデザインとスタイルにこだわりをもつお客様が、ご自身の好みに合わせる目的で選ばれている色です。ネロ インフィニートは漆黒の黒をイメージし、黒を追求した限定車に仕上げました」

【車両本体価格(税込)】
ギブリ GT ネロ インフィニート:1430万円
レヴァンテ GT ネロ インフィニート:1580万円

【問い合わせ】
マセラティ コールセンター
TEL 0120-965-120

【関連リンク】
・マセラティ ジャパン 公式サイト
https://www.maserati.com/jp/ja

マセラティ グレカーレ トロフェオのフロントビュー

マセラティ グレカーレ登場! マカンキラーの最新SUVを渡辺慎太郎が解説

マセラティは2022年3月22日に新型車「グレカーレ」を発表した。同社にとってはレヴァンテに…

著者プロフィール

GENROQweb編集部 近影

GENROQweb編集部