【スクープ!】 ランボルギーニ ウルスのフェイスリフト仕様は2022年8月デビューか

【スクープ!】 まさかの700psで史上最速のSUVとなるか? ランボルギーニ ウルス テクニカの完全フォルムをキャッチ

ランボルギーニ ウルス テクニカは、ウルス EVOと同時か、2022年中のデビューが噂されている。
カモフラージュのない状態で、精力的にテストを続けるランボルギーニ ウルス テクニカ。
ランボルギーニのベストセラーSUV「ウルス」は2022年夏に、フェイスリフトの一環として大幅なアップデートが予定されている。通常モデルとして登場する「ウルス EVO」に加えて、よりスポーティな仕様も用意されているようだ。今回、ウルスの追加モデルがほぼカモフラージュなしの状態で撮影された。

Lamborghini Urus Tecnica

ウルスにも上位モデル「テクニカ」を設定

ランボルギーニ ウルス テクニカは、ウルス EVOと同時か、2022年中のデビューが噂されている。
先日、ウラカンに上位モデルとして「テクニカ」が追加された。改良新型が投入されるウルスにも、同様に「テクニカ」が設定されることになる。

今回撮影されたウルスの追加モデルは、先日デビューした「ウラカン テクニカ」によく似たエクステリアが与えられている。ウラカン EVOに対するウラカン テウニカと同様に、ウルス EVOの上位に位置する「ウルス テクニカ」としてデビューする可能性が高い。

デビューが迫っているとはいえ、テスト車両はカモフラージュが一切施されていない。シンプルなマットブラックのカラーリングからは、ウルス テクニカに採用される新たなデザインディテールがほぼ正確に見て取れる。フロントバンパー形状はウラカン テクニカ同様に「Y字」モチーフを導入し、フィン形状の大型フロントインテークが採用された。

この新形状バンパーは2021年1月に目撃されていた開発プロトタイプ車両にも装着されており、その時は厳重なカモフラージュで覆われ、フォルムが明らかになることはなかった。今回、このように無防備な状態でテストを続けていることからも、デビューが間近に迫っていることは間違いなさそうだ。

リヤセクションでは、リヤフェンダーに新形状のエアアウトレットが設けられ(空力的効果があるのかは現時点で不明)、ディフューザーも大型化された。ディフューザー上部には、フェイクベントも設けられている。エキゾーストに関しては、現行モデルと同様に左右2本出しのクワッド・エキゾーストパイプが配置されている。

4.0リッターV8は最高出力700psオーバーに

ランボルギーニ ウルス テクニカは、ウルス EVOと同時か、2022年中のデビューが噂されている。
ウルスに搭載されている4.0リッターV型8気筒ツインターボは大幅にパワーアップされ、700psオーバーが予想されている。PHEV仕様は820psに達するとの噂も。

搭載される4.0リッターV型8気筒ツインターボは、ベースモデルのウルス EVO自体も現行モデルからパワーアップを果たす見込み。現行モデルは650psを発揮するが、ウルス テクニカでは700psを超えるビッグパワーが与えられる可能性が高い。

さらに導入が計画されているプラグインハイブリッド仕様は、最高出力820psを発揮すると噂されている。パワーこそPHEVに劣るものの、ウルス テクニカは軽量化と専用シャシーセットアップを採用、より高いパフォーマンスを発揮する。ボディ各部にはカーボンファイバー製パーツが贅沢に使用され、サーキット走行すらこなすサスペンションとブレーキが奢られることで、史上最速のウルスとしてデビューすることになるだろう。

今年デビューを予定しているフェラーリ プロサングエは、スーパーSUVの頂点をターゲットとしており、ランボルギーニとしてもその座をやすやすと受け渡すつもりはないはずだ。デビュー時期は、フェイスリフト仕様のウルス EVOが2022年8月に開催されるペブルビーチ・コンクール・デレガンスを予定。ウルス テクニカも年内に投入されると見られている。

一方、ウルスPHEVはランボルギーニの電動カタログモデル第一弾として、2023年にワールドプレミアされる見込みだ。

「Y」が強調された新デザインを纏いデビューした「ランボルギーニ ウラカン テクニカ」。

ランボルギーニ ウラカン テクニカ誕生! シリーズを締めくくるハイパフォーマンスを実装

アウトモビリ・ランボルギーニは、V10搭載のウラカン・シリーズを総括した新モデル「ウラカン …

著者プロフィール

GENROQweb編集部 近影

GENROQweb編集部