MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2017/07/10
  • 遠藤正賢

ホンダ・フィットが内外装、走りとも全方位的に進化!

予防安全技術が「ホンダセンシング」へアップグレード

このエントリーをはてなブックマークに追加
ホンダ・フィットRSホンダセンシング。ボディカラーはサンセットオレンジ2
本田技研工業(ホンダ)は6月29日、Bセグメントの小型5ドアハッチバック「フィット」をマイナーチェンジ。6月30日より販売を開始した。
ホンダセンシングの単眼カメラ
ホンダセンシングのミリ波レーダー

2013年9月の現行3代目発売以来初のマイナーチェンジとなる今回は、従来のレーザーレーダーを用いた「シティブレーキアクティブシステム」から、単眼カメラとミリ波レーダーを組み合わせた「ホンダセンシング」へ、予防安全技術をアップグレード。「13G・F」(オプション設定)、「ハイブリッド」(設定なし)、「ハイブリッド・F」(オプション設定)を除く全グレードに標準装備した。

ホンダ・フィットハイブリッド。ボディカラーはスカイライドブルー・メタリック
ホンダ・フィット13G・ホンダセンシング。ボディカラーはプレミアムホワイト・パール2

エクステリアは、前後ともウィング形状のバンパーを与えることで、低重心で安定感のあるスタイルを構築。フロントグリルとヘッドライトが連続するフロントマスクを備えたほか、インラインタイプのLEDヘッドライトとLEDフォグランプ、導光チューブを採用したLEDリヤコンビネーションランプを設定して、上質感を高めている。

ホンダ・フィットRSホンダセンシング。ボディカラーはサンセットオレンジ2
ホンダ・フィットハイブリッド・Sホンダセンシング。ボディカラーはルージュアメジスト・メタリック

「RSホンダセンシング」と「ハイブリッド・Sホンダセンシング」はさらに、専用デザインの前後スポーティバンパーとフロントグリル、サイドシルガーニッシュ、大型テールゲートスポイラー、ブラックドアミラー、16インチアルミホイールを装着して迫力をアップ。

ホンダ・フィットRSホンダセンシング。ボディカラーはサンセットオレンジ2
ホンダ・フィットハイブリッド・Sホンダセンシング。ボディカラーはルージュアメジスト・メタリック

さらに「RSホンダセンシング」は、バンパーにオレンジライン、フロントグリルおよびリヤライセンスガーニッシュにダーククロームメッキバーを加えてスポーティさを強調。「ハイブリッド・Sホンダセンシング」はバンパーにシルバーライン、フロントグリルにブルークロームメッキバーを加えることで先進性を強めている。

ホンダ・フィット13G・F。ボディカラーはプレミアムアガットブラウン・パール

ボディカラーは新開発色がルージュアメジスト・メタリック、スカイライドブルー・メタリック、プレミアムアガットブラウン・パールの3色。新規設定色がルナシルバー・メタリック、シャイニンググレー・メタリック、プレミアムイエロー・パール2の3色で、全12色を設定した。

「プレミアムブラウン・インテリア」の運転席まわり。写真はハイブリッド・Lホンダセンシング

インテリアは質感アップを主眼に改良が加えられ、スピードメーターの色が白基調に変更。ハイブリッド専用セレクトレバーのグリップ部が、「ハイブリッド・Sホンダセンシング」はクロームメッキ、それ以外のグレードはシルバーに変更された。

ハイブリッド・Fの前後シート
RSホンダセンシングの前後シート

シートおよびドアトリムは、黒を基調に洗練されたイメージを付与。「RSホンダセンシング」はオレンジ、「ハイブリッド・Sホンダセンシング」はシルバーの、エクステリアと共通のアクセントカラーでコーディネートされている。

ハイブリッド・Sホンダセンシングの前後シート
「プレミアムブラウン・インテリア」の前後シート

そして、「15XLホンダセンシング」と「ハイブリッド・Lホンダセンシング」に、ソフトウィーブとプライムスムース(人工皮革)を組み合わせたものを標準装備。さらに、ウルトラスエード(人工スエード)とプライムスムースを組み合わせた「プレミアムブラウン・インテリア」をメーカーオプション設定している。

エンジンの主な改良点

エンジンは全タイプとも、カムシャフトの中空径を16mmから17mmへ拡大し軽量化したほか、ブロック軸間にスリットを入れることで冷却効率を高めてノッキングを抑制。ピストンおよびチェーン摺動部のフリクションも低減させた。

ハイブリッド車用1.5Lアトキンソンサイクルエンジンではさらに、吸気ポートの流動性を高めつつ、ナトリウム封入中空排気バルブを採用して、ノッキングを抑制しつつ燃焼安定性を向上。燃焼室のヘッドおよびピストン形状を変更してS/V比(表面積と容積の比)を下げることで、燃焼効率を高めている。

Aピラーおよびフロントバンパースポイラーの変更点

空力面では、Aピラーおよびフロントバンパースポイラーの形状を変更し、Cd値を1.5%ダウン。燃費と走りを高次元で両立させた。

ボディの主な改良点

ボディも細部まで改良が加えられた。ルーフサイド、サイドシルエクステンション、センターパネルロアー、リアクォーターパネル、リアピラーに補強材を追加。前後ダンパーベース、リアダンパースプリングベースブラケット、ステアリングギアボックスステーの板厚を増すことで、剛性を高めている。

それに合わせ、ステアリングのベアリング部の剛性を高め、ダンパーのバルブ構造を変更。ロールを抑え、ステアリングレスポンスを向上させながら、乗り心地も改善した。

静粛性向上のための主な改良点

さらに、全車でメルシートの板厚を2mmから3mmにアップしたほか、1.5リッターガソリン車および「ハイブリッド・Sホンダセンシング」ではダッシュボードインシュレーターの面積あたり重量を5kg/m2から7kg/m2へ増大。

「ハイブリッド・Sホンダセンシング」ではさらに、マスダンパーをエンジンマウントに配置したほか、フロアアンダーカバーの素材をプラスチックから吸音効果のある不織布に変更。各部の吸音断熱材とフロントコーナーガラスの板厚をアップし、遮音ガラスも用いることで、静粛性を大幅に改善している。

価格は1,428,840~2,367,360円。

自動車業界の最新情報をお届けします!


自動車業界 特選求人情報|MotorFanTechキャリア

自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

MotorFanオリジナル自動車カタログ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
ドライブピニオンベアリング
ドライブピニオンをデフキャリアに回転支持する2個のベアリングのことを指す。ドラ...
FF
エンジンを前部へ車載して、前輪を駆動するクルマ。FF車はFR車に比べ、滑りやすい...
電子制御式燃料噴射
燃料に圧力をかけておき、電磁弁が開いている時間によりエンジンへの燃料供給量を...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る