MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2017/10/25
  • MotorFan編集部 山田 俊輔

【東京モーターショー2017速報】革新! ホンダ・スーパーカブC125/モンキー125衝撃デビュー!! 次世代スタンダードは125cc!?  

人気スクーターPCXもEV&ハイブリッドの時代へ!

このエントリーをはてなブックマークに追加
写真はスーパーカブ110 1億台記念車
10月25日、東京ビックサイトにて第45回東京モーターショー2017が開幕。ホンダブースのオートバイでは、スーパーカブやモンキーのコンセプト車、来年市販予定の「PCXエレクトリック」と「PCXハイブリット」という2タイプのスクーターなど最先端技術を採用する車両が発表された。(写真:てつかたかし/山田俊輔)

代表取締役社長 八郷隆弘氏とHonda Riding Assist-e。

二輪車、四輪車、ジェットなど多岐に渡るモノ作りから2800万のユーザーとの強い繋がりを持つホンダ。同社の製品群は「すべての人に生活の可能性が広がる歓びを提供する」という思いの具現化の形であり、時代を超えて世界各国で広く活躍している。

代表取締役社長 八郷隆弘氏は、二輪車に関してプレスカンファレンスで次のようにコメントをしている。

「(前略)“生活の可能性が広がる歓び”、その思いを込めたモデルは国を超え、時代を超えて時代を超えて、広がってきました。それをもっとも象徴するのがスーパーカブシリーズの世界、生産累計1億台達成です。約60年前に誕生し世界中のお客様にご愛用いただき、今ではホンダで一番ロングセラー商品となりました。今回はエポックメイキングな各プロセスに加え、クロスカブや(スーパーカブの)125ccモデルなど新しい提案をしています。また1975年の登場以来、時代ごとに変化するお客様に最新の技術で応え、進化を続けてきたフラッグシップ、ゴールドウィングも今年フルモデルチェンジをします。圧倒的な爽快感はそのままに、さらに快適性を向上させ、パートナーとしてお客様の生活をより豊かにするモデルとなりました。(中略)ホンダは従来より“カーボンフリー社会”の実現に向けて様々な技術、商品の開発に取り組んでいます。なかでも二輪車においては、ホンダがCO2削減をリードすべく、いち早く4ストローク化、FI化をすすめ、ガソリン車のさらなる(CO2などの)低減化にも取り組んでまいりました。そして現在は電動化商品の開発を進めています。本日はグローバルで好評のスクーター、PCXをベースとした“PCXハイブリッド”、“PCXエレクトリック”を展示しています。この両モデルは来年発売を予定しており、市場の多様なニーズや、二輪車が今後どうあるべきかをお客様に提案しています。(中略)ここからは未来のモビリティを紹介します。まず最初に紹介するのは“ライディングアシストe”です。ライディングアシストeはロボティクス研究で培ったホンダ独自のバランス制御技術を二輪車に投入した実験車です。マシン自身がバランスを保ち、低速走行時や停止時の転倒リスクを軽減することで、二輪車による生活をより安心で楽しいものにする提案です。(以後略)」

この他に、ホンダブースでは、厳しい排ガス規制によって、今年9月惜しまれながら生産終了を迎えた「モンキー」に125ccエンジンを搭載したコンセプト車「モンキー125」や、初代スーパーカブ「C65」を彷彿とさせるコンセプト車「スーパーカブC125」などが初公開された。これら2車種は来場者の反響次第では市販化も視野に入れていると、関係者は話している。


・以下プレスリリース

Honda Riding Assist-e(ホンダ・ライディング・アシスト・イー)

ロボティクス研究で培ったHonda独自のバランス制御技術を、二輪車に応用した実験車。転倒リスクを軽減し、二輪車のある生活をより安心で楽しいものにすることを目指して開発。

Neo Sports Café Concept(ネオ・スポーツ・カフェ・コンセプト)

スポーツバイクの楽しさと美しさ、新世代の車体パッケージを融合したネイキッドスポーツのコンセプトモデル。今回、実車を世界初公開。

スーパーカブ110 1億台記念車

スーパーカブの世界生産累計1億台達成と2018年に迎える誕生60周年を記念し、東京モーターショー用に特別製作したモデル。

スーパーカブ C125

初代スーパーカブ(C100)が持つパーソナルコミューターとしてのデザインと機能の魅力を受け継ぎながら進化した125ccモデル。スマートキーや電動シートオープナーなどの最新装備を備え、かつ余裕ある走りを実現。
現行スーパーカブはすでに世界で1億台生産を達成した超愛されバイク

モンキー 125

ショート&トールボディーのモンキーならではのバランスで構成されたデフォルメ感ある車体に、125cc水平単気筒エンジンを搭載。LED灯火器やデジタルメーターの採用などにより、モンキーの新たな魅力を追及したモデル。

ゴールドウィング ツアー/ゴールドウィング

フラッグシップモデルとして進化してきたグランドツアラーモデルをフルモデルチェンジ。新開発の水平対向6気筒エンジンや7速DCT、独自開発のダブルウィッシュボーンサスペンションなどを採用。日本では2018年4月にスタートする新販売網のHonda Dreamで販売予定。

PCX ELECTRIC(エレクトリック)

Honda独自開発の高出力モーターと、着脱可能なHonda Mobile Power Packを搭載した電動スクーター。2018年に日本を含むアジア地域で発売予定。

PCX HYBRID(ハイブリッド)

Honda独自の二輪車用ハイブリッドシステムを新開発。高出力のバッテリーとACGスターターによりエンジンをアシストすることで、コンパクトなシステムでありながらトルクフルな走りを実現したモデル。2018年に日本を含むアジア地域で発売予定。

クロスカブ 110

市街地にもアウトドアにも似合うクロスオーバースタイルで、カブの新たな魅力を提案するモデル。レッグシールドレス、太目なタイヤの採用などにより、タフなイメージを強調したレジャー志向のカブ。

カブ情報なら間違いナシ! 月刊モト・チャンプ 2017年12月号 先行予約受付中!
特集:スーパーカブ最前線 新型クロスカブ&スーパーカブC125登場!
速報 東京モーターショー

スーパーカブ最前線
タフ&スタイリッシュに一新! 新型クロスカブ110
初代C100のDNAが蘇る! スーパーカブC125

モンキー復活
125cc&12インチの巨大猿?!


新型PCX ハイブリッド&電動で大変身!


新型マジェSはLEDヘッドライト/XMAXも登場


失敗しないためのテクニック集スクーターのコツ100

特別付録 スーパカブWステッカー
世界生産累計台数1億台&誕生60周年記念ロゴ&カブオーナーの証である「カブヌシ」オリジナルロゴ
ホンダ公式世界生産累計台数1億台&誕生60周年記念ロゴは、東京モーターショーに出展された一億台記念車にも使われている。

「カブヌシ」オリジナルロゴはICカードサイズ。
バイクに貼るのもいいけれど、手持ちのカードに貼るのもオススメ!

自動車業界の最新情報をお届けします!


MotorFan Tech キャリア 求人情報

自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

モーターテック

現代の自動車を支える先進の機械工学からIT技術まで、そこに込められた技術者の想いやメーカーのフィロソフィがより深く理解できるよう、独自取材を中心とした記事でわかりやすく解説していきます。

モーターファンテックへ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
回頭性
クルマが車体の向きを変える速さや、そのコントロール性をいう。物理量としては、...
ボアハム
ロンドンの東にある第2次世界大戦用の滑走路施設を活用してフォードが建設したモー...
シーケンシャルターボ
複数の排気ターボを装着したエンジンシステムにおいて、運転状態に応じて段階的に...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る
大阪モーターショー