MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2017/12/24
  • AUTOSPORT編集部

佐藤琢磨に学ぶ、インディ500で勝つためのシートポジション

史上初の快挙の裏にあった、小さな発見

このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年5月、第101回インディ500を制した佐藤琢磨
2017年、日本のモータースポーツにおける最大の出来事と言えば、やはり佐藤琢磨のインディ500優勝だろう。100年以上の歴史を持ち、世界三大レースに数えられるビッグレースで日本人ドライバーが初勝利。琢磨自身にとっては、オーバルコースでの初勝利でもあった。

インディ500の舞台となるスーパースピードウェイでは、時速380kmという超高速域での戦いが繰り広げられる。ドライバーは500マイル=約805kmの長丁場を走る。そのためには信頼できる「戦友」が必要だ。
 
オーバルでの接近戦で、自分では見えないライバルの位置を知らせる「スポッター」には、元ドライバーでアメリカのレースを知り尽くしたロジャー安川がいる。さらに広大なインディアナポリスでは、ひとりでコース全域をカバーできないため、おなじみのデイモン・ヒルと2人体制。ちなみに彼は1996年F1ワールドチャンピオンと同姓同名だが、別人だ。
 
今季アンドレッティ・オートスポーツというトップチームに移籍した琢磨は、インディ500で勝てる武器を手にしたと感じていた。ダラーラ製のシャシーは、ホンダの日本の研究所も開発に携わったエアロキットを装着。
  
2016年インディ500ではホンダ勢のアレクサンダー・ロッシがルーキーながら初勝利を挙げていた。インディカーは2017年の空力開発凍結を決めたため、今季のエアロキットは昨年と同じもの。昨年ここで速かったパッケージが今年も速いことは間違いなかった。
 
そして、AJフォイトからアンドレッティに移籍した琢磨は「ちょっとした発見」をしていた。それがシートポジションだ。2016年まで、琢磨は重心と視界のバランスを取りつつ、できるだけ低い位置に着座する傾向にあった。しかし2017年のチームオーナーである、マイケル・アンドレッティにはドライバー時代の経験から、確固たる信念があった。
 
「シートポジションは高いほうがいい」
 
それまで「シートポジションは低いほうがカッコイイ」と思っていた琢磨だが、マイケルに言われてシートポジションを上げてみた。
 
「同じシャシーでも、たとえば2012年のレイホール時代と比べると、ヘッドポイントで数センチは高く、前に移動している。僕のキャリアのなかでも一番高いポジション。だけど、これを試してみたら、視界が広がって挙動も把握しやすく、アンダーステア傾向に感じる。逆に、低く深く、もぐって座るとオーバーステア傾向に感じる。人間の錯覚の問題なんだけど、これは発見だった」
 
2018年は、かつて在籍したレイホール・レターマン・ラニガン・レーシングに復帰する琢磨。アンドレッティ仕込みのシートポジションは、また低くなるのか、それとも高いままなのか。もしかしたら2017年インディ500の勝因のひとつは、シートポジションを変えたことだったのかもしれない。オートスポーツ編集部でも、琢磨にあやかって愛車のシートポジションを高めにセットする流れが来ているとか、来ていないとか……。


『佐藤琢磨インディ500優勝のすべて』
レース映像満載・オリジナルDVD特別付録つき。あの感動を一冊に。

自動車業界の最新情報をお届けします!


MotorFan Tech キャリア 求人情報

自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
FISA
FIAのモータースポーツ部門。一時期は国際自動車スポーツ連盟(FISA)と呼ばれていた...
2ローターロータリーエンジン
2つのローターユニットからなるロータリーエンジン。1ローターエンジンでは、エキ...
FIA
国際自動車連盟。JAFやADACなど各国の自動車協会が加盟する国際連盟で、いわば自動...

カーライフに関するサービス

オートモーティブジョブズ

ランキング

もっと見る