MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2018/05/04
  • MotorFan編集部

もはやリノベーション!? な大規模カスタム! ホンダアクセスがアクティ、N-ONE、CR-Zをイジると……【モーターファンフェスタ2018】

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年4月22日、富士スピードウェイで開催されたクルマの祭典、モーターファンフェスタ2018。ホンダアクセスのブースには社内のデザインコンペで勝ち残った3台のコンセプト・カスタムカーが展示されていた。発売されたら人気が出ること間違いなし! そんなハイレベルなものばかりでした。(PHOTO&REPORT:石川順一)

ホンダアクセスといえば、モデューロを代表とするホンダの特別仕様車をプロデュースしていることで知られている。そんな同社はモーターファンフェスタのブースで、オリジナルのカスタムマシンを3台展示。いずれもコンセプトが際立っており、一見の価値アリ。

01.軽トラにスタイリッシュさとスポーティさをプラス 「T880」


軽トラの足周りのフワフワ感を排してスポーティに仕上げたこちらは、エンジンをミッドシップに搭載するホンダ・アクティがベース。ルーフがチョップされているので、見た目もローフォルムに。エンジンはバモスのターボ仕様、ホイールも14インチにすることで迫力を増し、ブレーキはフロントに対向4ピストンのキャリパー、リヤにS660の純正キャリパーを採用。当初の狙い通り、走りも抜かりない仕上がりに。

02.ロハスな2人乗り 「N-ONEフレンドリー2シーター」


本来N-ONEは4名乗りのワゴン車。しかしこちらは大胆にも後部座席を取り払い、2名乗りピックアップトラックに大変身。まるで陶器のようなホワイトボディやボディ各部やインテリアにアクセントとして据えられているウッドパネルなど、温かみのある素材にこだわったデザインも魅力の一つ。シートは一人がけのソファーを意識した結果、ヘッドレストのないレトロな雰囲気のものに仕上がったとのこと。N-ONE自体が1960年台の軽自動車N360をモチーフにしていることもあり、デザインのマッチングも良好だ。

03.名車ZをモチーフにCR-Zをリノベーション 「Re:Z」


ホンダ・Zは軽自動車でクーペスタイルを再現しようとした往年の名車。リヤに水中メガネのようなハッチを持っていたのが特長だ。そのデザインをモチーフに現代的なマシンとして蘇らせたのがRe:Zです。ベースは2017年1月に販売終了となったCR-Z。Zのリヤウィンドウを再現しようと思うと他にいいクルマがなかったため選ばれたそうですが、奇しくもこちらもZの名前を持っている。新旧Zのシナジーでレトロなカッコよさが実現したというのは興味深い。

いずれもコンセプトカーなので販売の予定はないとのことだが、熱烈なラブコールが数多く寄せられれば市販化もありうるかも!?

自動車業界の最新情報をお届けします!


自動車業界 特選求人情報|MotorFanTechキャリア

自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
アーク溶接
相対する両極に電源をつなぐとアークが発生するが、このアークの熱エネルギーを利...
インタークーラー付きターボエンジン
排気ターボで圧縮し昇温した空気をインタークーラーで冷却し、エンジンの吸気マニ...
ドライブピニオンベアリング
ドライブピニオンをデフキャリアに回転支持する2個のベアリングのことを指す。ドラ...

カーライフに関するサービス

オートモーティブジョブズ

ランキング

もっと見る