MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2018/06/07
  • MotorFan編集部

セブン-イレブン・ジャパンとトヨタ、次世代型コンビニ店舗の共同プロジェクトを19年秋から開始

新開発の燃料電池小型トラックを導入!

このエントリーをはてなブックマークに追加
 株式会社セブン‐イレブン・ジャパンとトヨタ自動車株式会社は、2017年8月に店舗および物流における省エネルギー・CO2排出削減に向けた検討に関する基本合意書を締結し、トヨタが新開発する燃料電池小型トラックや燃料電池発電機の活用を検討してきた。その共同プロジェクトの具体的な内容が固まり、2019年から順次展開するという。

 本プロジェクトは、セブン‐イレブンの店舗と物流にトヨタが培ってきた技術やシステムを導入してCO2排出削減を目指すというものであり、店舗に定置式の燃料電池発電機とリユース蓄電池を導入するとともに、それらを店舗エネルギーマネジメントシステム(以下、BEMS)で統合的に管理し、店舗で使用する再生可能エネルギーや水素由来の電力の比率を高め、CO2排出削減を進める。さらに物流では、新開発の燃料電池小型トラックを導入し、CO2を含めた環境負荷物質の排出ゼロを目指す。

 同取り組みの一環として“ひとと環境にやさしい店舗”(セブン‐イレブン千代田二番町店/セブン‐イレブン相模原橋本台1丁目店)を開店し、店舗で使用する電力の再生可能エネルギー比率を46%まで高めた。今回は、トヨタの技術やシステムを店舗や物流拠点へ導入して水素を活用した環境負荷低減に取り組み、2019年春ごろに首都圏で燃料電池小型トラック2台を導入し、2019年秋ごろからさらに再生可能エネルギーの比率を高めた次世代型店舗への取り組みを進めていくという。

自動車業界の最新情報をお届けします!

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
フリーホイールハブ
パートタイム4WD車において、前輪のホイールハブのところで動力軸を断続する装置。...
電子制御式燃料噴射
燃料に圧力をかけておき、電磁弁が開いている時間によりエンジンへの燃料供給量を...
インタークーラー付きターボエンジン
排気ターボで圧縮し昇温した空気をインタークーラーで冷却し、エンジンの吸気マニ...

カーライフに関するサービス

オートモーティブジョブズ

ランキング

もっと見る