MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2018/07/07
  • ニューモデル速報

ホンダNSXのメカニズムを徹底解説!

MotorFan.jp メカニズム解説ダイジェストVol.5 『HONDA NSX』

このエントリーをはてなブックマークに追加
500㎰オーバーのV6ツインターボエンジンとモーターが後輪を駆動し、
独立したふたつの専用モーターで、前輪がアシストだけでなく
緻密なトルクベクタリングも行なう新型NSX。
スーパースポーツに相応しい3モーターの独自のハイブリッドシステムが、
世界第一級の運動性能をホンダのフラッグシップに与えた。

V6ツインターボを極限まで低く搭載

バッテリーやハイブリッド制御系を車体中央に配置。エンジンはドライサンプ化により、一般的なウェットサンプに比べて約60㎜低く搭載するなど、マスの集中を徹底したレイアウトとなっている。前後重量配分は42対58だ。

パッケージの主なねらい
・低重心・コンパクト設計
・重量物を重心位置に集中化
・狙いの前後重量配分
・オーバーハングの短縮

強固な骨格をイメージ

ダッシュボード中央のガーニッシュに強固な骨格をイメージさせる意匠を採用しているのは、しっかりとしたスペースフレームを想像させる。コックピットのデザインテ ーマは「守られ感」にある。

専用の形状が与えられたステアリング

グリップ部分の断面は手に吸い付くようなグリップ感がテーマ。パドルシフトの配置と合わせて、9時15分、10時10分いずれの握り方でも自然にスポーツドライビングを味わえる形状とした。

サーキット走行を考慮した視界の確保

盛り上がったフロントフェンダーは、タイヤ位置を把握しやすくするための工夫という面もある。ドアミラーステーを細くしたことで横方向の視界を確保、コーナーをギリギリで攻めやすい。

圧迫感のない視界は初代からの伝統

スーパースポーツだからこそ視界を確保することが重要ということを示した初代NSXの伝統を受け継ぐ。細いAピラーや異型ステアリングなどにより、そのスタイルから想像できないほど広い視界を確保した。

ダウンフォースと冷却性能をバランス

エキゾチックなスタイリングは、冷却性能と空力性能の両方を追求した理詰めで生まれたデザイン。「トータル・エアフロー・マネージメント」の象徴、サイドインテークに続くフローティングリヤピラーは優れた整流効果を発揮する。

実用性の確保もNSXの伝統

さすがに初代モデルのようにゴルフバッグは載らないが、スーパースポーツとしては十分に実用性を感じさせるトランクを確保する。2人の小旅行であれば満足できるスペースといえよう。

自動車業界の最新情報をお届けします!


自動車業界 特選求人情報|MotorFanTechキャリア

自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

MotorFanオリジナル自動車カタログ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
シーケンシャルターボ
複数の排気ターボを装着したエンジンシステムにおいて、運転状態に応じて段階的に...
FF
エンジンを前部へ車載して、前輪を駆動するクルマ。FF車はFR車に比べ、滑りやすい...
バキュームプレーティング
真空蒸着。真空状態下で金属(通常はアルミニウム)を蒸発させて、ベースコートを塗...

カーライフに関するサービス

オートモーティブジョブズ

ランキング

もっと見る