MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2018/08/04
  • ニューモデル速報

マツダCX−5のメカニズムを徹底解説!

MotorFan.jp メカニズム詳密解説シリーズVol.9『MAZDA CX-5I』

このエントリーをはてなブックマークに追加
さらに人馬一体感と上質感を向上させるために、
各部をブラッシュアップしたCX-5。
乗り心地とNVHを向上させた足まわりやマツダコネクトの導入、
そして夜間のドライブをより安全にする新型LEDヘッドライトなど、
その進化の度合いは実に大きい。

インストゥルメントパネル

新たにマツダコネクト用のインダッシュ式7インチモニターとロータリーコマンダー、電動パーキングブレーキが採用されている。全体的に造形の一体感が増して、さらに洗練度がアップした。

ペダルレイアウト

フロントタイヤの位置を前方に移動させ、ドライバー足元スペ ースに余裕を確保したのはCX-5の美点だ。右足と左足が自然と対称になるように、アクセルとブレーキペダルを配置。

電動パーキングブレーキ

シーソー式スイッチで操作する電動式を新たに採用したことで、女性でも力を必要とせずにパーキングブレーキがかけられる。発進すれば自動的に解除される。

シートレイアウト

乗車姿勢は人間が最も快適と感じ、正確な操作ができる姿勢を、人間工学に基づいて定義。また全席に高振動吸収ウレタンを採用し、包まれるようなフィット感とホールド性、そして快適な乗り心地を実現している。

後席の快適性を大幅に向上

後席は座面長さを30 ㎜伸ばすことで、ドライブ中の姿勢の自由度が広がるよう考慮。

SKYACTIV-BODY

基本ボディを可能な限り直線で構成することでプレス加工がしやすくなり、高張力鋼板をより使いやすくしているスカイアクティブ・ボディ。結果、軽量化、高剛性、衝突安全性の3つを同時に高いレベルで実現した。

アンダーボディの形状

可能なかぎり湾曲をなくして、ストレートな形状のフレームがフロントからリヤまで続くように設計されている。これにより高剛性と軽量化を両立した。構造上、湾曲をせざるえない部分は、横方向のフレームとの結合や閉断面化することで余計な補強材を使わず、軽量化を実現した。

前後サスペンションの取り付け部分

アンダーボディの骨格にダイレクトに結合する、デュアルブレースと呼ばれる取り付け構造を採用している。

軽量化と高剛性を実現する連続フレームワーク

骨格を構成している各部を協調させて機能させるという、連続フレームワークを採用。マツダの高剛性・安全ボディMAGNAに採用されていたトリプルH構造をさらに進化させたもの。
14.0という低い圧縮比で上死点の温度を低くし、上死点で燃料を噴射しても燃料と空気の混合を長くしている。これにより燃焼効率が上がり、均一な燃焼によって静粛性とクリーン性能を実現している。

エアロダイナミクス

床下を流れた空気が車両後方で強く吹き上げることで、スムーズに後方に流れる空力グランドラインを設定。さらにフロントバンパーコーナーの形状やリヤスポイラー装着などにより、Cd値0.33という空力性能を実現した。

SKYACTIV-D 2.2エンジン

運転のしやすさにつながる高トルクと、静粛性、クリーン性能のすべてを実現したのが2.2ℓディーゼルエンジンだ。独自の低圧縮比メカニズムによって、海外向けのMZR-CD 2.2ℓディーゼルエンジンと比較すると、約20%の燃費向上に成功している。

NVHをさらに理想の状態に改善

ふたつの音が鳴っている時、片方の音にもう一方の音がかき消される「マスキング効果」を利用し、さらに理想的な静粛性を実現。5ヵ所の吸音対策により、従来モデルよりも音エネルギー値で10%騒音を低減している。

低圧縮化によって効率を向上

自動車業界の最新情報をお届けします!


自動車業界 特選求人情報|MotorFanTechキャリア

自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

MotorFanオリジナル自動車カタログ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
粒界酸化
炭素鋼、低合金鋼、ステンレス、ニッケル合金などの熱処理工程において、金属製品...
インタークーラー付きターボエンジン
排気ターボで圧縮し昇温した空気をインタークーラーで冷却し、エンジンの吸気マニ...
半球形燃焼室
球殻の一部を壁面とした燃焼室。一般に2バルブエンジンに用いられ、球殻に吸排気バ...

カーライフに関するサービス

オートモーティブジョブズ

ランキング

もっと見る