MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2018/08/29
  • レブスピード編集部 加茂 新

すごいぞ、新型スイフトスポーツ!! 第5回:燃費が良いぞZC33S!!!

高速道路で軽くカタログ値を突破!!

このエントリーをはてなブックマークに追加
歴代スイフトスポーツを乗り尽くすレブスピード編集部が贈る、新型スイフトスポーツ考察。
今回は普通に使ってみたときの燃費についてレポート。
特に高速道路は際立って燃費が良い!!

 1.4リッター 4気筒エンジンにターボを組み合わせたZC33Sスイフトスポーツ。
ダウンサイジングエンジンにターボを組み合わせた言えば、そんな感じだが、
そもそもこれまでの歴代スイフトスポーツはZC32SもZC31Sも1.6リッターNAエンジン。
排気量は1371ccと1586cc。215ccほど小さくなってターボが付いた。

 これってダウンサイジングターボエンジンではなくて、単純にターボ化といってもいいかもしれない。
 それほどなまでに現行型スイフトスポーツはパワフルなのである。

 そこで気になるのは燃費だ。
新型スイスポZC33S(6MT) JC08モード 16.4km/ℓ ちなみに140ps/5500rpm 23.4kg・m/3500rpm
先代スイスポZC32S(6MT) JC08モード 14.8km/ℓ ちなみに136ps/6900rpm 16.3kg・m/4400rpm
実際燃費もよくなっている。

 では、実際はどうなのか、走って計測してみた。

 まず、こちらは都内の混雑路を150kmと、東名高速を約300km走行したもので15.1km/ℓ。
都内のみだと10~11km/ℓくらいだ。プリウスのようには行かないが、なかなか悪くない値だろう。

 そのあと、高速道路のみをクルーズコントロールで100km/hで約300km走行すると、
17.0km/ℓとカタログ燃費を軽く突破してみせた。
 これにはあまりの燃費の良さにビックリ。
 クルーズコントロールなので、上り坂になれば速度低下を防ぐために猛然と加速するし、
前方にトラックが低速走行しているときも、早めにアクセルOFFして追いつくというより、
近づいてからブレーキで減速している。燃費には不利な動きも多い。

 ターボだから燃費が悪いのではなく、フリクションの少ない低排気量エンジンと、そこに効率を高めるためのターボの組み合わせだからこそ実現できた好燃費だろう。
 スイフトスポーツじつはエコカーなのかも!!

自動車業界の最新情報をお届けします!

MotorFanオリジナル自動車カタログ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
シーケンシャルターボ
複数の排気ターボを装着したエンジンシステムにおいて、運転状態に応じて段階的に...
インターセプトポイント
ターボエンジンで、アクチュエーターやウエイストゲートバルブが開きはじめる回転...
フリーホイールハブ
パートタイム4WD車において、前輪のホイールハブのところで動力軸を断続する装置。...

カーライフに関するサービス

オートモーティブジョブズ

ランキング

もっと見る