MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2018/09/28
  • MotorFan編集部

セレナe-POWERとステップワゴンスパーダ。ラゲッジスペースを比べてみる。使い勝手は? 容量は? 後席は?

セレナe-POWERvsステップワゴンスパーダ トランク比較

このエントリーをはてなブックマークに追加
日産・セレナe-POWER ハイウェイスターV
人も荷物もたくさん載せられる広々空間が魅力のミニバン。その実用性に加えて、ハイブリッドによる低燃費も当たり前となっている。とはいえ、「ハイブリッドは室内空間が犠牲になるのでは?」と思っている人もいるのでは? ここでは、それらに加えて先進安全装備も魅力の「日産・セレナe-POWER」と「ホンダ・ステップワゴンスパーダハイブリッド」を比べてみた。
ホンダ・ステップワゴンスパーダ ハイブリッドG・EXホンダセンシング

 1991年に初代モデルが登場したセレナ。現行型は2016年にデビューし、通算で5代目となる。ミニバンの誇る広々空間はそのままに、テールゲートのウィンドウ部分だけ開けられる機構のように利便性を高める工夫が施された。さらに、高速道路での巡航や渋滞で役立つプロパイロットの搭載や、18年2月にはe-POWERを追加したことも話題を呼んだ。ちなみに、e-POWERでは走行のすべてをモーターが担当し、エンジンは発電に徹する。ガソリン車を上回るスムーズな走りは爽快のひと言。

 ステップワゴンも初代の登場は96年と古く、現行型は2015年にデビュー。通算で5代目となる。同車の特徴が、わくわくゲートと称するユニークなテールゲートだ。上下方向だけでなく横方向への開閉を可能とし、荷物の積み込みはもちろん、人の乗り降りもできる。パワートレーンは1.5Lターボと2.0Lハイブリッドを用意。後者も走行のほとんどをモーターが担い、燃費は25.0km/L(JC08モード)を誇る。安全装備はHondaSENSINGを標準装備し、自動ブレーキはもちろん、高速道路での巡航や渋滞時のサポートもこなす。
 まずは、全体のサイズ比較から。

セレナe-POWER 全長×全幅×全高:4770×1740×1865mm ホイールベース:2860mm ミラーtoミラー:2080mm

e-POWERは専用のフロントブルーグリル、リヤサイドスポイラー、エンブレムを装備。さらにHighway STAR系の場合は、前後バンパーやサイド知るプロテクターも専用品となり、全長と全幅はそれぞれ4770mmと1740mmでスパーダよりも大きくなる。

セレナe-POWER
全長×全幅×全高:4770×1740×1865mm
ホイールベース:2860mm
車重:1760kg
エンジン:直列3気筒DOHC
最高出力:84ps(62kW)/6000rpm
最大トルク:103Nm(10.5kgm)/3200-5200rpm
トランスミッション:—
駆動方式:FF
最小回転半径:5.5m
JC08モード燃費:26.2km/ℓ
車両本体価格:340万4160円

ステップワゴンスパーダ 全長×全幅×全高:4760×1695×1840mm ホイールベース:2890mm ミラーtoミラー:2010mm

ハイブリッド車はステップワゴン標準車には設定されず、エアロモデルのスパーダのみとなっている。それでも全幅は標準車と共通の1695mmなので、真正面から見るとほっそりしている印象だ。

ステップワゴンスパーダ
全長×全幅×全高:4760×1695×1840mm
ホイールベース:2890mm
車重:1820kg
エンジン:直列4気筒DOHC
最高出力:184ps(135kW)/5000-6000rpm
最大トルク:315Nm(32.1kgm)/0-2000rpm
トランスミッション:電気式無段階変速機
駆動方式:FF
最小回転半径:5.4m
JC08モード燃費:25.0km/ℓ
車両本体価格:355万9680円

ラゲッジスペース比較の前に、インパネと前席・後席も比べてみよう。

セレナe-POWER 室内長×室内幅×室内高:3240×1545×1400mm

オプションのプレミアムインテリアはダッシュボードがレザー貼り加飾となり、ワンランク上の上質感を演出。電制シフトやブルーの起動ボタン、マナー/チャージモードスイッチなどを備えるのがe-POWERの特徴だ。
1列目席(シート高750mm):プレミアムインテリア装着車はグラデーション織物と合成皮革nコンビシートを装備。運転席と助手席のアームレストは全車に標準装備される。ヒップポイントはミニバンらしい適度な高さで、視界の良さも抜群。
3列目席:2列目席を人が座れる範囲で最前までスライドさせると、膝前が260mmとなる広大な3列目席を確保。ペダルの踏み変えが減って挙動が安定するワンペダルドライブの効果は、3列目の乗り心地向上にも貢献する。
2列目席(シート高810mm):e-POWERは2列目が全車キャプテンシートに。さらに「XV」と「Highway STAR V」には横スライドと超ロングスライドも備わる。膝前スペースは通常で340mm、超ロングスライドで450mmまで拡大可能。

ステップワゴンスパーダ 室内長×室内幅×室内高:3220×1500×1405mm

水平基調のすっきりとしたデザインを採用。グレードによって加飾が異なり、最上級車は写真のカーボンタイタニウム+シルバーモールディングを採用し、トリプルゾーンコントロール・フルオートエアコンも標準装備。
1列目席(シート高730mm):撮影車はオプションのブラック×パープル本革シートを装備。低床設計のため、シート位置がセレナより若干低いのも特徴だ。アームレストにコンビニフックが付属されるなど、便利な収納や小物入れも充実している。
3列目席:床下格納式を採用することもあって、3列目席のスライド機構は非採用。それでもロングホイールベースの特徴を活かし、2列目席に人が乗車できる状態でも膝前スペースは最長約230mmと、かなりゆとりがある。
2列目席(シート高760mm):ステップワゴンも基本はキャプテンシートで、8人乗りのベンチシートは一部のみの設定となっている。頭上空間が極めて広いのが大きな特徴。膝前スペースも最長で約320mmまで拡大できるなど、とても開放的だ。

自動車業界の最新情報をお届けします!


自動車業界 特選求人情報|MotorFanTechキャリア

自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
粒界酸化
炭素鋼、低合金鋼、ステンレス、ニッケル合金などの熱処理工程において、金属製品...
カウル
ウインドシールド下部、エンジンフード後端部の車体前方パネル。カウルトップある...
スーパーチャージャー
新気を加圧して、周囲の大気圧力以上にしてエンジンに供給する給気装置。排気ター...

カーライフに関するサービス

オートモーティブジョブズ

ランキング

もっと見る