MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2018/10/11
  • MotorFan編集部

ホンダ・ヴェゼルとマツダ・CX-5。ラゲッジスペースを比べてみる。使い勝手は? 容量は? 後席は?

ホンダ・ヴェゼルvxマツダ・CX-5 トランク比較

このエントリーをはてなブックマークに追加

ヴェゼル ハイブリッドRSホンダセンシング

通常時:奥行き780mm 高さ880mm
後席格納時:最大奥行き1700mm 最小幅1000mm

開口部とフロア位置がともに低く、荷室内の天地高が高いところが大きな特徴。後席には6対4分割可倒式のダイブダウン機構を採用し、シートを格納した際のフロアは広大かつフラットだ。

CX-5 25Sプロアクティブ

通常時:奥行き960mm 高さ790mm
後席格納時:最大奥行き1810mm 最小幅1030mm

ボディの大きさを反映した、広い荷室を確保。後席シートは4対2対4分割可倒式で、中央部分のみ格納することもできる。シートバックを簡単に倒せる便利な操作レバーも荷室に装備。

自動車業界の最新情報をお届けします!

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
ピストンクリアランス
ピストンとシリンダーの隙間。ピストン隙間ともいう。ピストンは一様な円筒状では...
インターセプトポイント
ターボエンジンで、アクチュエーターやウエイストゲートバルブが開きはじめる回転...
FF
エンジンを前部へ車載して、前輪を駆動するクルマ。FF車はFR車に比べ、滑りやすい...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る