MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2019/03/05
  • MotorFan編集部

新型 三菱RVRがジュネーブ国際モーターショーで世界初披露!

コンパクトSUV「ASX(日本名RVR」の2020年モデルがスイスで発表!

このエントリーをはてなブックマークに追加
2009年に北米、欧州、豪州、中国などで販売されている「ASX」の新型、2020年モデル。
世界各国、約90カ国で累計約132万台を販売するASX(日本名RVR)。その2020年モデルがジュネーブ国際モーターショーで世界初披露。特にエクステリアに大幅な刷新が加えられ、より魅力的なスタイルでの登場となった。日常生活からレジャーにまで幅広く活躍する都市型コンパクトSUVだけに、軽量でコンパクトなボディや、アイポイントが高く見晴らしが良いことによる運転のしやすさなど、世界中で愛される理由が満載された三菱で3番目に売れている車種なのだ。
こちらがジュネーブ国際モーターショーの三菱ブースで発表されたASX(日本名RVR)
日本発売が期待されるモデルなので、注目せずにはいられない。

パワートレーンは2.0L MIVEC SOHC16バルブエンジンを搭載。5速マニュアルトランスミッションと、INVECS 6速スポーツモード付CVTが用意される。
リヤコンビランプ(ターンランプ以外)をLEDとして、車幅いっぱいまで広がるテールランプでワイド感を強調。
LEDを多用したフロントランプデザインでは、ターンランプとフォグランプをバンパーサイドに配置。新型デリカD5にも通じる独自性の高いデザインとなっている。
フロントのデザインコンセプトを進化させ、左右から中央に向かって包み込むバンパーのプロテクト形状とフロントグリル部分をスクエアなラインで構成。力強さと堅牢さを表現。
リヤバンパー下部をスキッドプレート形状として、力強さを感じるデザインとなっている。
ディスプレイサイズは7インチから8インチに拡大。スマートフォン連携ディスプレイオーディオは改良されてコネクティビティが進化されている。
日本国内でも2019年下旬の発売がウワサされているだけに、期待が高まる新型車の初披露となった。

自動車業界の最新情報をお届けします!

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
2連キャブレーター
まったく同一形状のベンチュリーおよびスロットル弁を2つずつ備え、フロートチャン...
半球形燃焼室
球殻の一部を壁面とした燃焼室。一般に2バルブエンジンに用いられ、球殻に吸排気バ...
湿式クラッチ
クラッチ本体の中に油を入れ、摩擦が油の中で起こることによって、冷却効果と摩擦...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る