MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2019/03/15
  • 「東新宿交通取締情報局」

ビッグニュース! 待ちに待ったレーザー式移動オービス対応のレーダー探知機が、ついに登場!【交通取締情報】

国内初、正真正銘の「レーザー&レーダー」探知機だ!

このエントリーをはてなブックマークに追加
すでに過半数の都道府県警が導入し、運用、または運用が予定されている、可搬式移動オービス。しかも、その大半が従来のレーダー探知機では捕捉できないレーザー式ということで、ドライバーにとってはまさにお手上げ状態だったのだ。が、なんと、レーダー探知機メーカーの老舗、ユピテルから、レーザー波受信機能付きのレーダー探知機がついにリリースされるという情報をキャッチ!

「移動オービス対応」のレーダー探知機は、すでに各メーカーから発売されているが、実はレーダー式はともかくレーザー式に関しては、レーザー波を探知して警告をするのではなく、レーザー式移動オービスによる取り締まりポイントに近づくと、GPSによる位置情報を利用し警報を鳴らすという仕組みにすぎない。が、そのポイントはネズミ捕りポイントと同様に、あくまでも過去に目撃された場所に過ぎず、「どこでも取り締まれる」機動性を誇る移動オービスに対しては、少なくともリアルタイムな警報は望めなかったというわけだ。

 ところが、ついにあのユピテルがやってくれました! 国内初のレーザー波受信機能付きのレーダー探知機が、この4月上旬に発売開始だ!

 その名もスーパーキャットGPSアンテナ内蔵レーザー&レーダー探知機「LS300」。背面に配された、レーダー光を受信するふたつのセンサーが、固定式レーザーオービスやレーザー式移動オービスから発光されたレーザー波を捉え、すぐさま警告を行ってくれるから、事前に探知が可能。さらに、従来のレーダー探知機能はそのままに、16万件を超えるGPSデータを満載することで、全国のオービスやネズミ捕り他、交通取り締まりポイントを教えてくれる。また、東名や東北道などの120km/h制限区間に、早くも対応している。

 当情報局では、リリースされ次第、さっそく手に入れ実践テストを行う予定。速攻レポートに、乞う、ご期待! 

問い合わせ:ユピテルお客様ご相談センター ➿0120-998-036

最新オービス情報や、移動オービスの話題は、こちら!⇑

自動車業界の最新情報をお届けします!

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
インターセプトポイント
ターボエンジンで、アクチュエーターやウエイストゲートバルブが開きはじめる回転...
振動減衰
摩擦や粘性などの抵抗力により、失われる振動のエネルギー消費のこと。純粋にばね...
湿式クラッチ
クラッチ本体の中に油を入れ、摩擦が油の中で起こることによって、冷却効果と摩擦...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る