MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

TOP > カタログ > BMW > 1シリーズ > 3代目となる次期型BMW1シリーズはついに前輪駆動に!
  • 2019/03/28
  • MotorFan編集部

3代目となる次期型BMW1シリーズはついに前輪駆動に!

トップグレードとして2.0ℓターボ4輪駆動が用意される

このエントリーをはてなブックマークに追加
フランス・ミラマのテストコースを走る新型BMW1シリーズ
BMWのエントリーコンパクトモデル、新型1シリーズのプロトタイプの開発シーンが公開された。まだカモフラージュ柄だが、最近のBMWデザインに則り、大型のグリルが装着されるだろう。

 3代目となる1シリーズは南フランスのミラマで順調に開発が進められている。最大の話題は前輪駆動(FWD)となることだ。もちろんグレードによっては4WDもラインナップされる。2014年に発売されたi3sで培ったFWDのノウハウが活かされ、BMWパフォーマンスコントロール(ヨーコントロール)技術によって俊敏性を増している。
 
 パワートレインは2.0ℓ直4ターボながら306psを発生するなどパワフルで、かつCO2排出量を162〜155g/kmに抑えるなど、環境性能も配慮していると謳う。トップグレードになると目されるM135iはxDrive、つまり4WDとなる見込みだ。

 まだエクステリアの写真しか公開されていないが、横置きエンジンのFWDとなることで、より広い室内を手に入れられるだろう。後席のレッグルームは33mm、ヘッドルームは19mm拡大する見込みで、荷室容量も20ℓ増加して380ℓになるという。
 
 正式なデビューは今年のフランクフルト・ショー前後となるだろう。日本への導入時期は未定だ。

自動車業界の最新情報をお届けします!


自動車業界 特選求人情報|MotorFanTechキャリア

自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

MotorFanオリジナル自動車カタログ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
スロットルチャンバー
電子制御式燃料噴射装置において、吸気マニホールドのコレクターに取り付けられ、...
層流
流体力学において、圧力分布が一様で層状になった流れのこと。レーシングカーの場...
TPS
エンジンのスロットル開度位置信号を出力し、エンジントルクの代用特性となる。ス...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る