MotorFan[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

TOP > カタログ > マツダ > CX−8 > ミニバン探しでお悩みなら、SUVの「マツダCX-8」もいかが?
  • 2019/05/21
  • MotorFan編集部 今 総一郎

ミニバン探しでお悩みなら、SUVの「マツダCX-8」もいかが?

このエントリーをはてなブックマークに追加

120km/hでの巡行も涼しい顔でこなすディーゼル

 さらにうれしいことにCX-8には低燃費と大トルクを両立したディーゼルエンジンが設定されている。ディーゼルの場合、車両重量は軒並み1700kgを超えるが、最大トルク(45.9kgm)が発揮される2000rpmよりも低い領域から力強さに溢れており、それこそ一歩目から重さを感じさせないほど軽やかにスッと動き出す。ディーゼルで指摘される騒音と振動も、車内にいる限りは不気味なほど静まりかえっている。

 以前、CX-5を借りた時、給油口の蓋を開けると大きく「レギュラー」とシールが貼られていた。不特定多数が乗る広報車での給油ミスを防ぐためだが、そのとき乗っていたのはディーゼルのCX-5だった。車内に微かに響く振動と音はディーゼル特有のものだったし、タコメーターのレッドゾーンがディーゼルの数値だった。ただでさえ見逃しそうなシールの貼り間違いだったが、もし同じことが今回のCX-8で起きたなら気付ける自信はない。それほどに違和感がない。

 そんなディーゼルの本領は高速道路で発揮された。新東名高速道路の新静岡IC~森掛川ICの約50kmの制限速度が120km/hへと試験的に引き上げられているが、その速度域に至ってもCX-8は苦しい表情を見せずに淡々と走り続けた。

 クルーズコントロール中に前にクルマが入ってきても、自然な感覚で減速をこなす。90km/hで走る大型トラックを90.0000001km/hで追い越しをかける大型トラックには当然ながら苛立ちを覚えるが、トラックの小競り合いは古代ローマにおけるコロッセオの余興のようなものと思えばいい。 必死に戦う様を楽しんだのち、進路が開けば怒涛の大トルクでそれらをまとめてねじ伏せる。何事もなかったかのようにCX-8は120km/h巡行に復帰できる。加速性能も申し分ない。

長距離乗っていても疲れないシート

 走行距離が増えるとお尻や腰に疲れが溜まってくるが、CX-8は明らかに疲れが少ない。弾力のあるクッションのおかげと思ったが、そもそも座った瞬間から妙に姿勢がピタリとハマる感覚があった。どうやら構造そのものが体幹を支えるように出来ているという。路面からタイヤを通して伝わる衝撃もサスペンションやボディで抑え込まれ、シートを伝う頃には95%は和らげられている。

 快適性はもちろん、G-ベクタリングコントロールプラスによる車両制御がもたらす手の内に収まる操作感、そして東京〜名古屋の往復(+α)で約770kmを走っても燃料はまだ1/4も残っていた(燃費は満タン法で14.9km/L)。見た目も華やかだ。乗れば乗るほどに自分の選択は間違っていないという手応えを感じた。

 肝心の価格も先進安全装備が備わる「PROACTIVE」ならディーゼルで369万3600円(FF)〜392万5800円(4WD)で、2.5Lガソリン(自然吸気)なら325万6200円、2.5Lターボなら374万2200円。ナッパレザー仕立てや2列目シートの中央に置かれる大型のアームレストなどインテリアの質感にこだわりたければ、「Lパッケージ」を選ぶと良い。ディーゼル&4WDの最上級グレードでも446万400円だ。機能性とマツダの国内における最上級SUVであることを含めても想像より2割は安い。

 そんなことを話したところ、友人の表情が良くない。

「やっぱり、ミニバンがいいの?」

「違うんだ、ボクが欲しいのは“ミニワン”なんだよ」

「ミニワン?……、MINIのONEか!!」

自動車業界の最新情報をお届けします!

MotorFanオリジナル自動車カタログ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
トラクション係数
トラクション係数は駆動係数とも呼ばれ、タイヤと接地面の駆動力伝達容量を示して...
トラクション
駆動輪と路面間で生じる駆動力をいう。この力は駆動輪軸重、トルクとタイヤと、路...
インタークーラー付きターボエンジン
排気ターボで圧縮し昇温した空気をインタークーラーで冷却し、エンジンの吸気マニ...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る