MotorFan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. カタログ
  3. メルセデスAMG|MERCEDES AMG
  4. GT 4ドアクーペ

なにかを否定するのは理解が足りないから。人間も外交も同じ〈メルセデスAMG GTに乗って4ドア・クーペに開眼する〉試乗記:メルセデス・ベンツのスーパースポーツ

  • 2019/12/05
  • MotorFan編集部 小泉 建治
このエントリーをはてなブックマークに追加

クーペでありながらドアが4枚ある「4ドアクーペ」は、クーペとセダンのイイトコ取りのスタイルとして近年世界的な人気を博している。だが、クーペのくせにドアが4枚もあるのは潔さに欠ける、という見方もできる。完全に後者の考えを抱いている記者が、そんな4ドアクーペの頂点に君臨するメルセデスAMG GT 4-Door Coupéに試乗してみた。

REPORT●小泉建治(KOIZUMI Kenji)
PHOTO●平野 陽(HIRANO Akio)

クーペは2ドアに限る! 4ドアなんて潔さに欠ける

 子供の頃から2ドアクーペをこよなく愛し、トヨタ・ソアラやキャデラック・エルドラドといったV8搭載のクーペを所有した経験もある筆者としては、4ドアのクーペは受け入れられるものではない。

 クーペの流麗なスタイルが欲しいくせにドアは4枚あった方が便利だなんて、実に貧乏くさい考えではないか。クーペに乗るなら2ドアの不便さも喜びとして享受すべし。そして4ドアセダンはセダンらしくボクシーであるべし。

 そんな調子だから、昨今プレミアムブランドを中心に4ドアクーペが数多くラインナップされることを苦々しく思っていた。

 そんな記者が、あろうことか4ドアクーペの頂点に君臨するメルセデスAMG GTの4-Door Coupéに試乗することになったのだから、果たしてどうなることやら。

スポーツカーと言えば直列6気筒! これにISGと9速ATの組み合わせがもたらす走りは、まさにシルキーとしか言いようがない。

 用意されたのは、3種類のグレードが用意されるメルセデスAMG GT 4ドアクーペの中間モデル、「GT53 4MATIC+」である。直列6気筒3.0Lツインターボエンジンをフロントに搭載し、最高出力は435ps、最大トルクは520Nmを発生。ISG(インテグレーテッド・スターター・ジェネレーター)を組み合わせる、言わばマイルドハイブリッドである。トランスミッションは9速ATで、4輪を駆動する。

 ちなみにフラッグシップ・スーパースポーツのAMG GT(2ドアクーペ)とは別モノで、この4ドアクーペはEクラスやCLSとプラットフォームを共有する。

 試乗車のボディカラーはブリリアントブルーマグノという鮮やかなマットブルーで、エレガントながら凄みも効いている。

 LEDで構成されたヘッドランプは天地に浅く、一方で特徴的なパナメリカーナグリルはかなりの存在感があり、ひと目でスポーツカーとわかるフロントマスクを形成している。迫力があるのにオラオラ系ではないところに好感を抱く。

 尻下がりのシルエットはAMGらしからぬ可憐さを帯びたもので、どことなくクラシックな匂いも漂う。それだけに、バンパー下から覗く左右4本出しエキゾーストエンドの異様さも際立つ。

 これで2ドアだったら完璧じゃない?

 いや、本家のAMG GT 2ドアクーペではなく「AMG GT 4ドアクーペをベースにした2ドアクーペ」ね。もうわけわからん。

 インテリアもエクステリアに見合ったもので、本家2ドアのように低く潜り込むスーパースポーツ然としたものではなく、あくまで上質なクーペとして仕立てられ、広々とした空間のなかに適度なタイト感を演出した居心地のいいコクピットだ。

 驚いたのはラゲッジスペースだ。通常時で461Lという容積もさることながら、とにかく床面積が広い。奥まで手が届かない。さらにリヤシートをすべて倒すと1324Lもの空間が現れ、大人が余裕で寝られる!

 まぁ、こんなハイエンドモデルで車中泊する人なんていないと思うけれど、逆にそういう使い方ができるような人は本物の道楽者と言えそうだ。

「これ、なんかいいかも……」

 あれだけ4ドアクーペを否定していたくせに、運転する前から早々に心が揺らぎ始めている自分が情けない。

 むしろ、走り出してからは想定内である。今どきのハイエンドクーペやサルーンがスーパースポーツ顔負けのパフォーマンスを見せるのは珍しいことではなく、それはAMG GT53も例外ではなかった。

 直列6気筒とISG、そして9速ATがもたらす走りはスムーズそのもので、とりわけ直6というシリンダーレイアウトが持つ先天的なアドバンテージは揺るぎようがない。

 そしてえらく速い。

 AMG GT53の上には最高出力639psと最大トルク900Nmを発生するV型8気筒4.0Lを搭載するGT63というモンスターが存在するが、それを知らなければGT53でも十分にモンスターである。

 とはいえここまでは、前述の通り想定内である。AMGが手掛けたクルマが速くないわけがなく、記者ごときのウデで破綻させられるはずもない。

おすすめのバックナンバー

スズキ・ハスラー vs ダイハツ・タフト

スズキ・ハスラー vs ダイハツ・タフト 一覧へ

東京オートサロン2020

東京オートサロン2020 一覧へ

ステージごとにみっちり計測! これが本当の実燃費

ステージごとにみっちり計測! これが本当の実燃費 一覧へ

MotorFanオリジナル自動車カタログ

自動車カタログTOPへ

MotorFan厳選中古車物件情報

中古車TOPへ