MotorFan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. カタログ
  3. スズキ|SUZUKI
  4. ハスラー

ハスラーに採用されたスズキ初の構造用接着剤と軽自動車初の高減衰マスチックシーラーはどんな効果をもたらすのか? 【新型スズキ・ハスラー:試乗インプレッション】「なんだこれ!?」と思わず驚くインテリアの斬新さとパワートレインの完成度。だがボディの新技術は走りのバランスを崩す?

  • 2020/02/12
  • 遠藤正賢
このエントリーをはてなブックマークに追加
新型スズキ・ハスラー ハイブリッドX

東京モーターショー2019で「ハスラーコンセプト」として参考出品された新型二代目スズキ・ハスラーが、初代発表のちょうど6年後にあたる2019年12月24日に正式デビュー。2020年1月20日より販売が開始された。今回試乗したのは、新開発のR06D型NA(自然吸気)エンジンを搭載する上級グレード「ハイブリッドX」FF車と、R06A型ターボエンジンを搭載する最上級グレード「ハイブリッドXターボ」4WD車。千葉県・幕張メッセ周辺の一般道と高速道路で、モーターファン・イラストレーテッド(MFi)誌の野崎博史編集長とともに、運転席と後席を随時交代しながら試乗した。なお当日は、真冬ながら土砂降りの雨が降っていた。

REPORT●遠藤正賢(ENDO Masakatsu)
PHOTO●遠藤正賢/MFi/スズキ/ヘンケルジャパン

初代スズキ・ハスラーワンダラー
 ハスラーといえばやはりそのレトロモダンな、かつ色やドレスアップの仕方次第でマッチョにもフェミニンにも化ける、懐の深いクロスオーバースタイルが最大のセールスポイントだろう。新型にもその路線は色濃く踏襲されているが、筆者の第一印象はキープコンセプトどころかむしろ「随分タフさを強調する方向に振ったな」というものだった。

新型スズキ・ハスラーのサイドビュー

 スズキの開発陣によれば、これは「アウトドアアイテムがこの6年間でファッションアイテムとして日常生活に溶け込んだというトレンドを反映したもの」。初代と並べて比較するとよく分かるが、ボディ形状もウィンドウグラフィックも、フェンダーアーチをはじめとした各部品のディテール処理も、何もかもが四角く、タフなものになった。そして、「新設されたリヤクォーターウィンドウを強調しつつ、ハードトップ車のテイストを盛り込んだ」という2トーンカラーではより顕著に、ジープ・ラングラーを思わせるサイドビューになった。

3連インパネカラーガーニッシュを採用した新型ハスラーの運転席まわり

 そんなエクステリアとは対照的に、インテリアは既存のあらゆるクルマにも似ていない、文字通りオンリーワンの世界に生まれ変わった。中でもメーター、オーディオ、アッパーボックスを囲んだ3連インパネカラーガーニッシュのインパクトは絶大で、東京モーターショーでも「なんだこれ!?」と驚く一般来場者が一人や二人どころの騒ぎではなかったのを、今でもよく覚えている。

 またこのおかげで、走行中に周辺のスイッチ類やエアコン吹出口を確認・操作しようとする際、どこに何があるのかが非常に把握しやすくなっている。デザインのためのデザインに堕することなく、機能を体現したデザインになっている辺り、スズキのインテリアデザイナーの高い力量を感じずにはいられない。…カラーパネル以外の質感が相変わらず低いのは玉に瑕だが。

リヤシートはヒップポイントが高まったことでホールド性も改善
フロントシートはベンチシートからセパレートシートに変更

 また、ホイールベースを35mm延長し、全高を15mm拡大したのに加え、各部のピラーが前後方向にも左右方向にも立てられ、より四角いボディ形状となったおかげで、初代も充分に広かった視界と室内空間はより一層広大になった。同時に前席のヒップポイントを下げて上方視界を0.5°拡大し、乗降性と信号の視認性を改善。後席のヒップポイントを逆に5mm上げて見晴らしを良くしつつホールド性を高めているのも「技あり」だ。

使い勝手がさらに進化したラゲッジルーム
取り外せて丸洗いできるラゲッジアンダーボックス

 荷室は初代に続き防汚タイプで、後席を倒せばほぼフラットになるという美点も継承されている。新型ではさらに、後席の前後スライドを荷室側からもできるようになり、取り外せて丸洗いできるラゲッジアンダーボックスが全車標準装備されたため、使い勝手はさらにアップしている。

「ハーテクト」のアンダーフロア
新型ハスラーのカットボディ。オレンジの線は構造用接着剤使用部位

 そして、デザイン以上に大きく変わったのが、メカニズムだ。

 初代ハスラーはスズキのFF車系軽自動車で最後の旧世代プラットフォーム採用車だったが、これが新世代の「ハーテクト」に一新された。と同時に、スズキ初となる構造用接着剤をBピラー付け根やリヤホイールハウス周りに用いながら、A&Bピラー、バックドア開口部の結合を滑らかにして環状骨格構造を形成。ねじり剛性を約30%、曲げ剛性を約20%高めつつボディ全体の連続性も強化した。

従来のマスチックシーラー(左)と「テロソンHDF」(右)とのルーフ振動分布比較図
 加えて、ルーフパネルとルーフクロスメンバーとの接合に、軽自動車で初めて「高減衰マスチックシーラー」を採用した。これはヘンケルのゴム系接着剤「テロソンHDF(High Dumping Form)」で、素材内部のせん断応力を熱エネルギーに変換する効率が従来品よりも高く、こもり音の低減に有効なうえ、制振パッドなどの併用が不要かつ振動が伝播しやすい薄引き鋼板を骨格に使用可能となるため、軽量化にも寄与するという。

 そのほか、直線的で衝突時の入力を流しにくいピラー形状に合わせ、A&Bピラーに1180MPa級の冷間成形鋼板を用いて必要な強度を確保。かつ980MPa級鋼板の使用比率を初代の7%から15.6%にまで高め、ドアパネルなどを省いたボディ単体で約4kg軽量化している。

おすすめのバックナンバー

自動車業界 特選求人情報|MotorFanTechキャリア

「自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

motorfuntech

自動運転特集

自動運転特集 一覧へ

新型コロナウイルスと自動車産業

新型コロナウイルスと自動車産業 一覧へ

トヨタ・グランエース|フルサイズワゴンの実力は!?

トヨタ・グランエース|フルサイズワゴンの実力は!? 一覧へ

ホンダ・フィット|心地よさの魅力を探ってみた!

ホンダ・フィット|心地よさの魅力を探ってみた! 一覧へ

MotorFanオリジナル自動車カタログ

自動車カタログTOPへ

MotorFan厳選中古車物件情報

中古車TOPへ