Motor-Fan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. カタログ
  3. スズキ|SUZUKI
  4. ジムニー

2代目ジムニー(JA71)とマウンテンバイク、ルイガノFive PROでダウンヒル【クルマ×アウトドア 】 スズキ・ジムニー+マウンテンバイク(ルイガノFive PRO) 秋の山を駆け下りてみる。ランチは、自製の蒸籠で飲茶を楽しむ

このエントリーをはてなブックマークに追加

JA71型ジムニーで出かけよう。出かける先は、今回も「山」である。友人から譲られたマウンテンバイクをジムニーに積んで坂のてっぺんまで。そこからは、ひたすらに下る。お腹がすいたら、自製の蒸籠を使って焼売や小籠包を蒸して食べる。美味し。
TEXT & PHOTO◎伊倉道男(IKURA Michio)

このルイガノは、Five PROというモデルらしい。現在のルイガノだとGRIND9.0の当たるグレードだろうか。変速機は21段が24段になり、ブレーキは前後とも油圧ディスクになっている。まぁ、僕はワイヤーの機械式ディスクブレーキが好みだ。

西洋人の遊び方で感心するのは、身体ひとつ、たった棒一本でも楽しく過ごせる術を身に付けている人が多いことだ。大人になっても、子ども時代を忘れないのだろうか。オーストラリアのリザード島の夜、遊び道具等は何もない、静かに酒を呑むか、星空を楽しむか、打ち寄せる波の音を聴くか、そんな夜。一緒にいたのはオーストラリア人、ニュージーランド人、アメリカ人、フランス人。何処の国の人かは覚えていないけれど、彼らのなかのひとりが、棒を持って来た。リンボーダンスの始まりである。半数は女性なので、失礼が有ってはいけないと、僕は横で見ていた。白いワンピースのミニ、ブロンド。彼女の番になる。すると彼女のパートナーが僕の側にやって来て、「そんなと所にいたら、面白くないだろ〜。こっちへ来い!」と正面に連れて行かれる。「あんたのパートナーでしょ!見えちゃうよ。いいの?」なんだろうね、この人達。でも棒一本で、大人の夜、それもとびきりの楽しさ、それを僕らは、学ばなければいけない。彼らはそんな生き方をたくさん持っている。

短距離ながら、ダウンヒルを楽しむ。人が来ないと言っても、絶対ではない。
事実、アウトインアウトで、対向車を無視した自転車を含む車両は多いので、お互いに注意は必要だ。携帯電話の電波はここでは届かない。

ハワイのオプショナルツアーで、自転車でのダウンヒルのツアーがある。つまり、世界遺産のキラウエア火山の頂上まで、クルマで上がり、そこから自転車で、ひたすら駆け降りる遊びだ。漕がないで良い。自転車ファンには怒られるだろうけれど、僕は自転車の最大の欠点は、足で漕がねばいけないことだと思っている。これがなければ、軽いし、最高の乗り物だ。

思いとしては、富士山の5合目からのダウンヒル、赤城山、筑波山もちょいと面白そうだ。実際に、僕はまっすぐに落ちていく坂で、自転車で70km/hは経験したことがある。まぁ、そこまでスピードが出るとさすがに怖い。スピードではなくて、のんびりとダウンヒルは良いではないか。ジムニーに自転車を積み込み出掛けてみる。道中もダウンヒル中ものんびりで良いのだ。最高地点に拠点を決めて、一回だけ降りるのではなくて、数回に分けて走れば、無理も無く、また休憩も拠点で取れる。そこには飲み物も、食べ物も、そして楽なベッドでも置いておこう。

屋根もトノカバーもない状態で、荷物を運ぶので落下せぬように、細心の注意が必要だ。ヘッドレストの金具にリング部分を通して、フックを追加。OGC エクステンションヘッドレスト用ITEM No.8614
自転車のフレームをOGCバンジーコードロック付きITEM No.8606を使い固定していく。長過ぎる場合は、フレームに巻き付けていけばよい。このカーラー、オリーブドラブは今、非常に魅力的で、注目を浴びている。
外した前輪は、自転車のフレームに固定していく。使っている製品は、OGC バンジーループ(ポール)製品コード8611。
ゴム紐を回し込んで、丸い樹脂製の球体に引っ掛けるだけ。2個入り。
サドルバック内には、ある程度修理ができる工具が入れてある。新しく加わったのは、アウトドアテープ。ガムテープを平らにした物で、かさばらない。ヤマト株式会社製。全8色でカラフル。自転車の他に、カヤック、ハイキングなど、もしもの時に非常にこれは役に立つ。

この真っ白なルイガノ(LOUIS GARNEAU)は、10年ほど前に我が家にやって来た。急に自転車に目覚めた友人が、「ルイガノって知ってるか?おしゃれだよね?」「確か、もとはカナダで、今はアメリカが本拠地のブランドだった気がする」ほどなく納車。僕は当時、30年くらい前の自転車をレストアしたばかりで、ふたりで自転車をクルマに積み込み、鎌倉や、五日市へ出掛けていった。

ある時、
「自転車、俺やめた。また歩くことにする、(俺の自転車)持って行く?」
(彼は驚くほどの健脚の持ち主で、一日に30kmは平気で歩く。尾瀬をふたりで歩いたが、全行程20km以上、彼は少しも疲れを知らず、僕はもうへとへと)
「なんで?」
どうやら、カナダ製でも、イタリア製でも、日本製でもない自転車のフレームが気に入らないようである。
「今はだいたいそのブランドの国で作られてなくて、台湾で作られているのだよ。そうでなければ、30万円はするんだよ」と言っても、もういらないのである。

こうして、ほぼ新車状態で僕の管理下に置かれることとなる。でもね、フレーム以外は、シマノ製であり、ブレーキなんか前後機械式ディスクブレーキだ。タフな本格的なオフロード用ではないけれど、これはこれで結構楽しめるし、とにかくおしゃれな上に清潔感。前輪はクイックリリースが装着されていて、工具いらずで外せるし。外せばジムニーにも、ポイッと載せる事が簡単に出来ちゃうし。

拠点はふとしたことから見つけた、ちょっとした広場。僕以外は渓流釣りを楽しむ人が数人いるだけだ。上流には、もちろん人家もなく、人工的な音はない。

多くの荷物の落下防止には、全体にネットを掛けてしまうのが良い。一般道も当然だが、高速道路は特に注意。休憩の度に荷物をチェックするように心がけたい。
ランチの準備。今日は15分で食べられるようにしたい。飲茶でいこう!

拠点となる場所にテントや調理用品を組み、ダウンヒルを楽しむ。見上げても良いし、気に入った場所があれば、そこで写真を撮るも良し。滑りやすい苔むした道路脇を避けて、いや、わざとその上を走りブレーキを掛けてみたりする。帰りはゆっくりと登ってくれば良い。疲れたら、テントが涼しい木陰を作っていてくれるし、冷えた飲み物もある。対岸で音がする。多分猿だ。見上げると木々の勢いも少し弱くなって、どうやら秋も近いようだ。

蒸し器をバーナーに掛ければ、あとは待つだけだ。テーブルまで持って来てくれる女性はいないけれど、コンパクトに収まっているので、座ったままで、どこにでも手が届く。

おすすめのバックナンバー

ホンダエンジンの技術力は凄い|内燃機関超基礎講座特集

ホンダエンジンの技術力は凄い|内燃機関超基礎講座特集 一覧へ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ 一覧へ

オービスの疑問をスッキリ!!交通取締情報特集

オービスの疑問をスッキリ!!交通取締情報特集 一覧へ

Motor-Fanオリジナル自動車カタログ

自動車カタログTOPへ

Motor-Fan厳選中古車物件情報

中古車TOPへ