Motor-Fan[モーターファン]|自動車最新ニュース・速報、試乗記など、クルマとカーライフを楽しむサイト

  • モーターファンテック
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. カタログ
  3. スズキ|SUZUKI
  4. スイフトスポーツ

【プロが選ぶ最強のお買い得車|スズキ・スイフトスポーツ】軽い、楽しい、安い! 200万円で手に入るのが信じられないホットハッチ

このエントリーをはてなブックマークに追加
スズキ・スイフトスポーツ ※写真はUK仕様車

毎年数多くのニューモデルを取材する自動車ジャーナリストの萩原文博さんが選んだ「最強のお買い得車」は、日産スカイライン400R、スズキ・スイフトスポーツ、プジョー SUV 2008。スイフトスポーツは、約200万円という価格が信じられないほどの性能・装備が魅力だ。

TEXT●萩原文博(HAGIWARA Fumihiro)

個人的にはクルマのコストパフォーマンスの高さを測る上で、走行&燃費性能、室内の広さや利便性そして運転支援システムなどの安全装備の充実度という3つのポイントを重視しています。こういう視点ではスポーツカーのコスパは高くならないと思われるかもしれませんが、そのクルマの種類によってこの3つのポイントのバランスは変わります。

先日試乗したポルシェ718ケイマンGTS4.0のように水平対向6気筒+MTという圧倒的な気持ち良いエンジンフィールと走行性能に加えて、前後に設置されたラゲッジスペースによる利便性の高さなど考えると車両本体価格は1101万円ですが、非常にコストパフォーマンスは高いと考えます。つまりクルマのストロングポイントが、この価格で手に入るの!ということであればこのクルマはコスパが高い!となるのです。そうした視点でコスパの高い3台を選んでみました。

1台目:日産スカイライン400R|562万5400円

「最高出力405ps! 他のセダンなら1000万円以上してもおかしくない」

まず、選んだのが日産スカイライン400Rです。ハイブリッド車に装着されるプロパイロット2.0は用意されていませんが、納得の運転支援システムを装着して車両本体価格は562万5400円です。

400Rの魅力は最高出力405ps、最大トルク475Nmを発生する3L V6ツインターボエンジン、そして抜群の操縦安定性を誇るインテリジェントダイナミックサスペンションなどの専用アイテムです。同じクラスのセダンで400Rと同じパワーを発生するパワーユニットを搭載したモデルは、大概1000万円以上の価格となっています。そういった点で考えてもスカイライン400Rのコスパの高さがわかってもらえるでしょう。

日産スカイライン400Rはインテリジェントダイナミックサスペンションを採用。4輪それぞれのショックアブソーバーの減衰力をリアルタイムで可変し、コーナーでのロールを抑制したり、不整地での車体の上下動を減少したりする。
日産スカイライン400Rに搭載されるVR30DETT。ターボチャージャーの回転数を逐次センサーで監視し、水冷式インタークーラーや電動ウェイストゲートなどの採用で効率アップを図っている。

2台目:スズキ・スイフトスポーツ(6速MT)|201万7400円

「1.4Lターボ搭載のホットハッチ! 運転支援システムの標準装備も高ポイント」

続いては、車両本体価格201万7400円のスズキ・スイフトスポーツ(6速MT)です。

軽自動車でも200万円超のモデルが当たり前となっている時代に最高出力140psを発生する1.4L直4ターボエンジンを搭載するスイフトスポーツが200万円前半で手に入ってしまいます。ハーテクトと呼ばれる新プラットフォームを採用し、車両重量はCVT車でも1トンを切る軽さを誇ります。この軽量・高剛性のボディとパワフルなエンジンによる軽快なフットワークは懐かしホットハッチの走りを継承しています。非装着車も設定されていますが、運転支援システムのスズキセーフティサポートを標準装備しており、自分の考える3つのポイントでも高得点となっています。

スイフトスポーツは20代~40代まで幅広い年齢層が購入していると聞きますが、若者はファーストカー、そして元若者はセカンドカーもしくはミニバン卒業組が昔を懐かしんで購入しているのでしょう。50代の私でもスイフトスポーツに乗ると昔の走り屋魂にちょっと火が付いてしまいます。

軽い、楽しい、安い!の三拍子が揃ったスズキ・スイフトスポーツ。6MT車の車重は1トンを切るが、スイフトスポーツに乗ると軽さが楽しさに直結することがよくわかる。 ※写真はUK仕様車
6AT車は全車速追従式のアダプティブクルーズコントロールを搭載するなど、スポーツモデルながら運転支援システムも充実している。

3台目:プジョー SUV2008 |302万~341万円

「国産車と比べても際立つコスパに惹かれて購入決定!」

そして最後はプジョーSUV2008です。新型の2008はガソリン車とEV(電気自動車)が用意されていますが、特にコスパの高さを感じたのがガソリン車です。

最新の新車価格は302万~341万円となっていますが、デビュー時のエントリーグレード「アリュールは299万円でした。2008はコンパクトカー208と同じプラットフォームを使用していますが、ラゲッジスペースの容量は434L(5人乗車時)を実現。これはマツダCX-30とほぼ互角という優れたパッケージとなっています。

搭載するパワートレインは定評の最高出力130psを発生する1.2L直3ターボ+8速AT。3気筒のクセである騒音や振動を巧みに抑えています。ハイオクガソリンというのは気になるポイントですが、WLTCモードで17.1km/Lならば十分満足できるでしょう。さらにADASと呼ばれる先進運転支援システムも充実しており、コンパクトSUVの中では国産・輸入車の中でもコスパは高いと思います。

そのコスパの高さを理由に筆者は2008アリュールを購入し、まもなく納車予定となっています。本当に2008のコスパは高いのか、自分の目利きが正しかったのかがこれからわかることになります。

プジョー SUV 2008。ちなみにプジョーで20年9月よりSUVモデルの名称変更を実施、4桁モデルの数字の前に「SUV」が加わった。
先代よりも70mm長くなった2610mmのホイールベースのおかげで、ユーティリティが格段に向上。一方で全高を1550mmに抑えたことで、大半の立体駐車場に対応したのもうれしいポイント。

『プロが選ぶ最強のお買い得車』は毎日更新です!

予算に限りがある庶民にとって、車選びの際にこだわりたい要素が「コストパフォーマンス」。つまり、その車がお買い得かどうか、ということ。ただ安ければいいというわけではありません。ポイントは「値段と性能が釣り合っているか」。だから、価格が安い軽自動車だからコスパがいいとは限りませんし、1000万円以上のスーパーカーだってその価格に見合う機能や魅力があればお買い得と言えます。

というわけで、自動車評論家・業界関係者といった「クルマのプロ」たちに、コストパフォーマンスが高い「お買い得」な新車を3台ずつ、毎日選んでいただきます。明日の更新もお楽しみに。

おすすめのバックナンバー

水平対向と星型とロータリーエンジン特集

水平対向と星型とロータリーエンジン特集 一覧へ

ホンダエンジンの技術力は凄い|内燃機関超基礎講座特集

ホンダエンジンの技術力は凄い|内燃機関超基礎講座特集 一覧へ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ 一覧へ

Motor-Fanオリジナル自動車カタログ

自動車カタログTOPへ

Motor-Fan厳選中古車物件情報

中古車TOPへ