Tech|テクノロジーがわかるとクルマはもっと面白い。未来を予見する自動車技術情報サイト

  • Motor-Fan[モーターファン]
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. カタログ
  3. トヨタ|TOYOTA
  4. カムリ

A25A-FXS型2.5ℓ直4DOHCアトキンソン・サイクルエンジンのディテールを見てみる トヨタ新型カムリのエンジン[A25A-FXS]を考えてみる

このエントリーをはてなブックマークに追加
A25A-FXS型エンジンと、新世代トランスアクスルユニット

トヨタの新型カムリが搭載するパワートレーンは、新型2.5ℓエンジン+THS2である。北米は、同じ2.5ℓエンジンのコンベンショナル版+8ATの組み合わせも設定されている。この新開発エンジンA25A-FXSという型式を持つ。そのエンジンの詳細を解説する。

先般のパワートレーン説明会で発表された、トヨタの新型2.5ℓエンジン。当日にエンジニア氏にいろいろうかがい、最後に「型式はなんですか」とさりげなく問うたものの口は堅く。排気量から従来のAR型の発展改良型かなと予想していたら、新型カムリで搭載されカタログに表記されていたのは「A25A-FXS」という見慣れない文字列である。

ご存じの方もいらっしゃるかもしれないが、トヨタのエンジン型式において3桁目「R」は新世代ファミリーとされていた。NR、ZR、AR、GR、UR。その前は「Z」が多かったように思える。その命名則から明らかに外れた新型2.5ℓエンジンは、名が示すように次の世代の第一弾として登場したのだろう。

吸排気ポートと燃焼室の様子
A25A-FXSの特筆点は、低燃費と高応答性。

低燃費の達成数値という視点からは、最大熱効率41%を掲げている。エンジニア氏によれば、ピンポイントでの達成ではなく広く深くの燃費率を確保した結果としての41%だという。実際、燃費率マップを眺めても高効率エリアが広いのが見て取れる。

高い熱効率(低燃費)に寄与したひとつが、高圧縮比化。ハイブリッド仕様では14の、ガソリン仕様では13の数字を実現した。高圧縮比化設計とすると、ガソリンエンジンではノッキングに苦しめられる。対策は、急速燃焼。つまり、未燃焼部分で勝手に着火してしまうより速く、燃えてしまえばいいというわけだ。その手段が、ロングストローク設計と高タンブルポート設計、そして直噴である。

おすすめのバックナンバー

自動車業界 特選求人情報|Motor-FanTechキャリア

「自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

motorfuntech

ホンダエンジンの技術力は凄い|内燃機関超基礎講座特集

ホンダエンジンの技術力は凄い|内燃機関超基礎講座特集 一覧へ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ 一覧へ

3分でわかる! クルマとバイクのテクノロジー超簡単解説

3分でわかる! クルマとバイクのテクノロジー超簡単解説 一覧へ

Motor-Fanオリジナル自動車カタログ

自動車カタログTOPへ

Motor-Fan厳選中古車物件情報

中古車TOPへ